2015.03.11

いっしょに行こう!

いっしょにアンベ!
髙森美由紀 作/ミロコマチコ 絵/フレーベル館(文学の森)

児童書です。表紙や挿絵を、「オオカミがとぶひ」などで注目の絵本作家ミロコマチコさんが担当しています。
表紙は満開の桜をバックに、ノボルと有田が、大きな口をあけて何か叫んでいる場面。ピンク色が印象的です。
オレ、ノボルは小学校5年生。
2年のときに、どうしても登ってみたかった近所の家の柿の木に登って、枝が折れて落ちてから、足がしっくりこなくなり、よくコケるようになった。
だから、きらいな器械体操やマラソンをしなくてすんだが、好きなサッカーもドッジボールも野球もしなくていいと言われた。
その上、友だちから柿どろぼう呼ばわりされるようになった。
ひとりでいることは、自由だ…と思ってきたノボルの部屋に、震災で家族とも飼っていた犬とも、仲の良かった友だちとも会えなくなった有田が岩手からやってきた。
有田も5年生。有田は、いつもデジカメを持ち歩き、目についたものは撮らずにはいられない。

表紙カバー折り返し

『文中で有田が使っている言葉は南部弁です。「アんべ」は「行こう」という意味で使っています。』

4年目の3月11日。私たちの地区では、自治会から配布されている「無事」(もう一枚は「SOS」)のカードを午前中家の前に掲示してご近所さんと確認し合います。

| | コメント (0)

2015.03.06

絵本の印刷の色

ねっこぼっこ」(絵本ナビの紹介ページ

シビュレ・フォン・オルファース 作/絵 /秦 理絵子 訳/平凡社

「ねっこぼっこ」という言葉は、この絵本を日本で初めて翻訳した生野幸吉さん(福武書店1982初版)が、原題「ETWAS VON DEN WURZELKINDERN」の WURZELKINDERN(根の子どもたち)の「子どもたち」を、東北地方のことばから「ぼっこ」としました。きっと「ざしきぼっこ」のイメージですね。

秦さん訳の平凡社版(2005初版)は、生野さん訳の福武書店版(絶版)を踏襲して、 原作者のドイツ語による詩のようなテキストを、子どもにも親しみやすくリズミカルな日本語に変換しています。春が近づいて、土の中で目を覚ましたねっこぼっこたち、地上の上の春から夏への移り変わり、生き物たち、秋がきて根っこのおうちに帰るまでが、ていねいにていねいに描かれた、女性らしいかわいい絵に、短いテキストがぴったり寄り添っています。

奥付によると、作者のオルファースさんは、1881年に生まれ、20代で修道院に入ってからも絵を学び続け、美術教師をしながら絵本の制作をつづけました。「ねっこぼっこ」(1906初版)ほか、8冊の絵本を残し、病気のため34歳で世を去りました。

オルファース作の絵本「ねっこぼっこ」の絵だけを残し、アメリカ人のヘレン・ディーン・フィッシュ(1890-1953)がテキストを書いてアメリカで出版された「WHEN THE ROOT CHILDREN WAKE UP」という絵本があります。
それを石井桃子さんが訳して編集したものが「根っこのこどもたち目をさます」で、童話館出版から2003年に出ています。
この絵本は、オルファースさん本人が簡潔で美しいテキストを添えているのに、細かく描かれた絵が語っていることをわざわざ文章にしている理由がよくわかりません。フィッシュさんは編集者だったようなので、当時のアメリカでは細かく文章にしないと伝わらない(売れない)という判断だったのでしょうか……

図書館で上記3種類の絵本を借りて、3冊を見比べたときに気がついたのは、絵の色合いが微妙に違うこと。 自分のスケッチをスキャンしてはがき等に印刷したときの悩みがよみがえりました。あちらをたてればこちらがたたずというか、とりあえず基本設定で印刷すると、プリンターのくせなのか、黄色が強くなる感じ。そこでいろいろ設定を変えてみても、青空の色がなかなかきれいに出ません。
この絵本の場合、全体に色味が一番濃いのは平凡社版。黄色、赤、そして空の青が一番きれいに出ていますが、緑色がちょっとダークな感じ。ドイツの森の色?
もとの色に近いのではないかと思われるのは、ちょっと古い福武書店版。見比べなければ、原画もこんな色だろうなと納得させてくれます。
ちょっと異色の童話館版「根っこのこどもたち…」は、春らしい軽さを出すためか、調整がいまひとつなのか、黄色っぽい感じがして、ちょっと言い過ぎですが、自分の印刷を思い出します。

さて、原画はどんな色なのでしょうか。

| | コメント (0)

2015.02.13

Present For me♪

Photo_2

Photo_45年もかけて制作された、人間(実写)と人形(コマ撮りアニメーション)の究極のWキャスト映画、「Present For You」を見ました!

なんと平日の朝の8:30から、ある意味ディープ、ある意味ライト、そしてファンタジーな世界に浸ってしまいましたが、午後からの仕事に向けて、現実に戻る時間の余裕があってよかった。

舞台は新橋、町のデザインがすばらしい。実は3D映画であることを行ってから知りましたが、それが人と人形の演技を違和感なくシームレスにつないでいるのだと思います。人も人形もすばらしい演技。とにかく映画館で見てほしい。東京では新宿のバルトだけ、しかも上映時間が日によって違う(ちなみにバルトの2の次の時間は「チャーリー・モルデカイ」でした…それも興味あるけど…)という状況ですが、ぜひぜひlovely

写真は映画館ロビーに展示されていた実物。
ガラスケースの中には、出演した人形たちや小道具、顔の表情や口を動かすための顔パーツ(サイズも形もつけ爪みたい!)などが並んでいました。

 Present For You 公式サイトhttp://www.plusheads.com/pfy/index.html

| | コメント (0)

2014.12.20

絵を読む

絵本の絵を読む
ジェーン・ドゥーナン著/正置友子・灰島かり・川端有子 訳/玉川大学出版部

著者のジェーン・ドゥーナンはイギリスの絵本研究者です。大学では美術史を学んだためか、絵画を見ることと共通した視点から絵本の絵を見ているように思われます。
文字を読まなければ詩を味わうことができないように、絵の読み方を学び、よく読むことによって、絵本をもっと深く楽しむことができると、著者は考えています。
絵本は、文との関係、絵と絵のつながりなども考慮しなければなりませんが、まずは各ページの絵を読んでいくことから。

絵本を見る目を養うために読んだ本ですが、少しは絵画を見る目も養われたかな。

bookえをみる本棚にありマス

| | コメント (0)

2014.11.24

ユートピアを求めて@世田谷美術館

Seekingforutopia
松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて
ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドと
ソヴィエト・モダニズム

展を見てきました。
いきなり、黒い線、単純な色、ステンシルのように見える素朴な絵に、ロシア語の文字。
スローガンは、「穀物割当徴発制度の代わりに税金だ!」
「Р(ロシア)С(ソヴィエト)Ф(連邦)С(Социалистическая)Р(共和国)では、穀物割当徴発制度が廃止される」
などなど……素朴で過激な「帝政ロシアの黄昏から十月革命まで」(1900代-1920初)のコーナー。

ステンベルク兄弟ほかによる「新経済政策とロシア・アヴァンギャルドの映画ポスター」(1920代-1930代)のコーナーでも、写真なのか絵なのかわからない人の顏、色数は少なく、はっきりした色使い(特に赤に力を入れたらしい)、直線や円、曲線を組み合わせたダイナミックな構図に、圧倒される。
その中で、КИНО КОМЕДИЯ(キノ コメディア/コメディ映画)のポスターは、かわいくて、とても楽しい。上の写真は、ステンベルク兄弟デザインによるドイツ映画のポスターの一部で、白く見えている部分は黄色です。

新聞の写真を切り抜いてコラージュしたような、「第一次五ヵ年計画と政治ポスター」(1920代-1930初)のコーナー。

いやあ、軽い気持ちで行ってびっくり。

| | コメント (0)

2014.11.11

毛だらけ?!

けだらけ
ミロコマチコ 画集/筑摩書房

2012年に「オオカミがとぶひ」で絵本作家デビューしたミロコマチコさんの画集。
猫(てつぞう)たちを飼っているミロコさんが、紙も筆も雑巾も毛だらけの中で描いた、毛だらけの生き物たちの絵、だから、画集「けだらけ」。

私は、線だけで厚みを表現できたら(遠近法とか影を描き込むとかではなく)いいなと思っているのですが、ミロコさんのけだらけたちは、勢いのある筆で3次元的な描画方法は使わずむしろ2次元的、しかも身体のパーツは気の向くまま大きくしたり小さくしたり、不思議なプロポーションであるにもかかわらず、毛だらけで体温のある生き物が紙から飛び出てきそう。
とてもおもしろい。

| | コメント (0)

2014.05.25

デジタルデザインの講義を受けてきた

20140525a

20140525b_3
2日間の基礎的な講座でしたが、2日目は、写真の構図などの基本的な講義の後は、実際に写真を撮影し、それをパソコンに取り込んでパワーポイントで放送大学玉学習センターの三つ折りチラシを作り、3分間でプレゼンテーションをするという実習までありましたsweat01

パワーポイントが初めてという方(私はデジカメを使うのが初めて!買ってから3ヶ月くらい放置でしたcoldsweats02)も数人いらっしゃいましたが、みんな前日に学習したことを生かし、しかもそれぞれキャッチコピー、内容や構成、デザイン等が工夫されていて、自分の作品がありきたりに見えてしまいました。

私の工夫ポイントは、
文字を極力減らしたところ。
テキストがぎっしり詰まったロッカーの写真をボーダーに使ってデザイン的な連続性をもたせたところ。
写真の中の矢印と、まなぴーちゃんというゆるキャラのイラストを利用して、学習センターに来てねという気持ちを表現しつつ、ページをめくって中を見てもらえるように誘導したつもり
というところかな。
写真の基礎的な構図(スケッチでも教わったことですが)やスナップ写真との違いなどを、具体例をあげながら教わったのですが、実際に撮るとなると、全然うまくいかない。スケッチをしているときには、写真だったらあれこれ考えることもなく一瞬で終わるのに…なんて思っていましたが、悩みは同じでした。

わが母校のサブキャンパス(当時の建物はもうありませんsweat02)にある放送大学多摩学習センターでの、楽しい講座でした。

| | コメント (0)

2014.05.17

今年も弦楽アンサンブルの発表会♪

Photo_2 今年も弦楽アンサンブルの発表会がありました。

プログラム表紙のイラストを依頼されるのは、とてもありがたく、うれしいことですhappy01
が、年々、描き上げるのが遅くなる感じがしますthink

演奏する曲の作曲者を主役に、曲のイメージや、作曲者のエピソードなどから、デザインしていますが、ぴんとくるネタさえあれば、描くことにそれほど時間がかかるものでもないのですが、なかなか描き始められません……
やっぱり、日ごろ描いていないからですねcoldsweats01

ドボルザークは、蒸気機関車が大好きで、プラハに住んでいたころは、ひまさえあれば駅に蒸気機関車を見に行っていたそうです。型番にもこだわるほど見た目も好きだったらしいのですが、やっぱりあの音、あのリズムが大好きだったそうです。
弦楽セレナーデの中でも特に速くて難しい部分が、蒸気機関車の走る音に聞こえてきました!

noteプログラム
「調和の霊感 作品3 第1番」ヴィヴァルディ
「リュートのための古風な舞曲とアリア」レスピーギ
「セレナーデ Edur(弦楽セレナーデ)」ドボルザーク

| | コメント (0)

2013.12.25

冬のふくしまっ子リフレッシュ

131225

冬休みのふくしまっ子企画で、おはなし会をしました。
1歳から14歳までたくさんの子どもたちと家族の方、ボランティアの大学生たちも子どもたちと一緒に参加してくださり、とても楽しい時間でした。 

| | コメント (0)

2013.09.02

備忘録 宮崎駿氏

アニメ監督・宮崎駿さんが、引退を表明しました。
そのニュースの中の、以前のインタビュー場面より、宮崎さんの言葉。

「美術の連中とロケハンに行くと、みんな写真を撮ってきて、それを見て描いているんですよ。ぼくは、それじゃあダメだと言うの。それでは、一眼レフカメラをとおした目になってしまう。
人間の目はそうじゃない。気になるものは大きく見えるし、どうでもいいものは消えることもある。……そうでしょ。」

(録画して書き写したわけではないので、私の耳と記憶のフィルターがかかっているかもしれません。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧