2015.03.11

いっしょに行こう!

いっしょにアンベ!
髙森美由紀 作/ミロコマチコ 絵/フレーベル館(文学の森)

児童書です。表紙や挿絵を、「オオカミがとぶひ」などで注目の絵本作家ミロコマチコさんが担当しています。
表紙は満開の桜をバックに、ノボルと有田が、大きな口をあけて何か叫んでいる場面。ピンク色が印象的です。
オレ、ノボルは小学校5年生。
2年のときに、どうしても登ってみたかった近所の家の柿の木に登って、枝が折れて落ちてから、足がしっくりこなくなり、よくコケるようになった。
だから、きらいな器械体操やマラソンをしなくてすんだが、好きなサッカーもドッジボールも野球もしなくていいと言われた。
その上、友だちから柿どろぼう呼ばわりされるようになった。
ひとりでいることは、自由だ…と思ってきたノボルの部屋に、震災で家族とも飼っていた犬とも、仲の良かった友だちとも会えなくなった有田が岩手からやってきた。
有田も5年生。有田は、いつもデジカメを持ち歩き、目についたものは撮らずにはいられない。

表紙カバー折り返し

『文中で有田が使っている言葉は南部弁です。「アんべ」は「行こう」という意味で使っています。』

4年目の3月11日。私たちの地区では、自治会から配布されている「無事」(もう一枚は「SOS」)のカードを午前中家の前に掲示してご近所さんと確認し合います。

| | コメント (0)

2015.03.06

絵本の印刷の色

ねっこぼっこ」(絵本ナビの紹介ページ

シビュレ・フォン・オルファース 作/絵 /秦 理絵子 訳/平凡社

「ねっこぼっこ」という言葉は、この絵本を日本で初めて翻訳した生野幸吉さん(福武書店1982初版)が、原題「ETWAS VON DEN WURZELKINDERN」の WURZELKINDERN(根の子どもたち)の「子どもたち」を、東北地方のことばから「ぼっこ」としました。きっと「ざしきぼっこ」のイメージですね。

秦さん訳の平凡社版(2005初版)は、生野さん訳の福武書店版(絶版)を踏襲して、 原作者のドイツ語による詩のようなテキストを、子どもにも親しみやすくリズミカルな日本語に変換しています。春が近づいて、土の中で目を覚ましたねっこぼっこたち、地上の上の春から夏への移り変わり、生き物たち、秋がきて根っこのおうちに帰るまでが、ていねいにていねいに描かれた、女性らしいかわいい絵に、短いテキストがぴったり寄り添っています。

奥付によると、作者のオルファースさんは、1881年に生まれ、20代で修道院に入ってからも絵を学び続け、美術教師をしながら絵本の制作をつづけました。「ねっこぼっこ」(1906初版)ほか、8冊の絵本を残し、病気のため34歳で世を去りました。

オルファース作の絵本「ねっこぼっこ」の絵だけを残し、アメリカ人のヘレン・ディーン・フィッシュ(1890-1953)がテキストを書いてアメリカで出版された「WHEN THE ROOT CHILDREN WAKE UP」という絵本があります。
それを石井桃子さんが訳して編集したものが「根っこのこどもたち目をさます」で、童話館出版から2003年に出ています。
この絵本は、オルファースさん本人が簡潔で美しいテキストを添えているのに、細かく描かれた絵が語っていることをわざわざ文章にしている理由がよくわかりません。フィッシュさんは編集者だったようなので、当時のアメリカでは細かく文章にしないと伝わらない(売れない)という判断だったのでしょうか……

図書館で上記3種類の絵本を借りて、3冊を見比べたときに気がついたのは、絵の色合いが微妙に違うこと。 自分のスケッチをスキャンしてはがき等に印刷したときの悩みがよみがえりました。あちらをたてればこちらがたたずというか、とりあえず基本設定で印刷すると、プリンターのくせなのか、黄色が強くなる感じ。そこでいろいろ設定を変えてみても、青空の色がなかなかきれいに出ません。
この絵本の場合、全体に色味が一番濃いのは平凡社版。黄色、赤、そして空の青が一番きれいに出ていますが、緑色がちょっとダークな感じ。ドイツの森の色?
もとの色に近いのではないかと思われるのは、ちょっと古い福武書店版。見比べなければ、原画もこんな色だろうなと納得させてくれます。
ちょっと異色の童話館版「根っこのこどもたち…」は、春らしい軽さを出すためか、調整がいまひとつなのか、黄色っぽい感じがして、ちょっと言い過ぎですが、自分の印刷を思い出します。

さて、原画はどんな色なのでしょうか。

| | コメント (0)

2014.12.20

絵を読む

絵本の絵を読む
ジェーン・ドゥーナン著/正置友子・灰島かり・川端有子 訳/玉川大学出版部

著者のジェーン・ドゥーナンはイギリスの絵本研究者です。大学では美術史を学んだためか、絵画を見ることと共通した視点から絵本の絵を見ているように思われます。
文字を読まなければ詩を味わうことができないように、絵の読み方を学び、よく読むことによって、絵本をもっと深く楽しむことができると、著者は考えています。
絵本は、文との関係、絵と絵のつながりなども考慮しなければなりませんが、まずは各ページの絵を読んでいくことから。

絵本を見る目を養うために読んだ本ですが、少しは絵画を見る目も養われたかな。

bookえをみる本棚にありマス

| | コメント (0)

2014.11.11

毛だらけ?!

けだらけ
ミロコマチコ 画集/筑摩書房

2012年に「オオカミがとぶひ」で絵本作家デビューしたミロコマチコさんの画集。
猫(てつぞう)たちを飼っているミロコさんが、紙も筆も雑巾も毛だらけの中で描いた、毛だらけの生き物たちの絵、だから、画集「けだらけ」。

私は、線だけで厚みを表現できたら(遠近法とか影を描き込むとかではなく)いいなと思っているのですが、ミロコさんのけだらけたちは、勢いのある筆で3次元的な描画方法は使わずむしろ2次元的、しかも身体のパーツは気の向くまま大きくしたり小さくしたり、不思議なプロポーションであるにもかかわらず、毛だらけで体温のある生き物が紙から飛び出てきそう。
とてもおもしろい。

| | コメント (0)

2011.03.31

絵本!がんばろう!

20110326 3月20日の記事の続報です。
.
.
私は、所属しているおはなし会(素ばなし・絵本・紙芝居など)のグループの活動ブログの管理人をしています。個人のブログではありませんが、絵本に関することだったので、書かせていただきました。
.
.
.
.
.
sun・・・おはなし会ブログにアップした記事より・・・sun小さい文字)は、この記事で追加したものです。
.
3月20日(日)の「絵本!がんばれ!」でご紹介した、管理人の知人(岡部慶子先生のことですsun)は、あれ以降、自分のブログを通じて絵本を集めています。
支援物資を集めて小さな避難所中心に届けている方のお手伝いをしながら、集まった絵本をどのタイミングでどこにどのように届けるのか、動きながら考えています。
個人としては驚くほどたくさんの絵本が集まり、その絵本たちと、絵本を送ってくれた友人知人の気持ち、被災地に実際に行った強み、それらをもっとも生かすことができる方法は何かと考え、盛岡を拠点とする「3.11絵本プロジェクトいわて」(児童書の作家の杉山亮さんがご自身のサイト「なぞなぞ工房」で呼びかけている、『絵本・児童書を被災地へ大作戦』の、現地受け入れ先のひとつでもあります)に連絡をとり、そちらの活動に協力することになりました。
.
 * 荷造り前に写真を撮りました。海が出てくる本は、はずしました。汚れ、破れ等のある本はもちろんNG。
  新しい本を加え、古い本は、表紙を磨きました。撮影後、個人的に大好きな絵本を追加♪
.
2011.04.01.追記
上記大作戦などに協力をお考えの方へ

昨日(3/31)、知人(岡部慶子先生のことですsunは盛岡中央公民館に行ってきました。
すると、ここ3日で一気に本が増え、公民館の広い部屋が、パンク寸前だったそうです。
.
そこで、また、考えながら動き続ける岡部先生の活動状況は、スケッチ日和通信sun 

| | コメント (0)

2011.03.20

絵本!がんばれ!

20110320 私は、所属しているおはなし会(素ばなし・絵本・紙芝居など)のグループの活動ブログの管理人をしています。個人のブログではありませんが、絵本に関することだったので、書かせていただきました。
.
.
sun・・・おはなし会ブログにアップした記事より・・・sun小さい文字)は、この記事で追加したものです。
岩手県の内陸部で、すでにライフラインが回復したH市に住む知人(岡部慶子先生のことですsun)のブログで知りました。
H市から、地震と津波で甚大な被害を受けたO町やK市に入った人が、毎日、自転車で避難所を回って、必要なものを直接聞き取り、どこで何が必要かということを午前中にツイッターで流し、それを読んだ人が、必要とされるものを昼までにH市内にある事務所に持っていくと、午後、仕分けと積み込みが終わり次第、小型トラックで、夜までに現地に届ける、という活動をしているそうです。
活動初日はとにかく食料、防寒のもの、翌日は下着や衛生用品、3日目、野菜や下着類、やかんと共に避難所から希望が出ていたのが、絵本など、子ども向きの本でした。
写真は、知人(しつこいですが岡部先生のことですsun)が事務所に持っていき、O町の避難所に届けられた、子ども向きの本(岡部先生が私に代わって買ってくださった絵本も入っていますsun)です。
この本たちが、避難中の子どもたち、そしておとなの方たちの力になってくれますように。
.
岡部先生の活動状況は、スケッチ日和通信sun 

| | コメント (0)

2008.06.20

ピンチ!!!

Bookitaliankitchen ピンチ!!!

と言いつつ、昨日届いた本を見ると、にんまりしてしまうsmile

永沢先生の挿絵、いいなぁ。余分な力を入れず、でも、描き込んである。キッチンとそこに住む人と、食べ物に対する愛がある。通勤中に本を開いて挿絵を見ていたら、あっという間に着いてしまった。

で、明日21日(土)は、日比谷公園スケッチの締め切りshock ピンチ、というか、まだ塗りあがっていないから、無理。今週は夜なべをして、肩に力を入れまくって塗っています。イチョウの木がだんだん不気味になってきた・・・。

keiko先生、今夜もがんばりますから、ちょっと待って~sweat01

| | コメント (0)

2008.02.10

教養ですか~・・・

ただいま図書館で借りて読んでいる本は、「名画の言い分(木村泰司)」(集英社)。新聞の書評を見て図書館に予約し、忘れた頃に順番がまわってきたので、隠れた人気本なのかもしれません。

わりと知られている絵画や彫刻をねたに、ヨーロッパ絵画の歴史をかいつまんで(めちゃめちゃかいつまんで)書いてあるので、絵画の文献としての側面をさらっと知るには便利。高校時代に学んだヨーロッパ史で十分事足りる範囲です。私はすっかり忘れていることも多いので、思い出すきっかけになったかな♪

ただ、著者が言うように、近代以前の絵画や彫刻の目的がただの記号や広告、文献代わり、またはステータス(それを著者は理性とか教養と呼ぶ)であったとしても、その中のいくつか(「サモトラケのニケ」とか「ヴィーナス誕生」とか)が、現代の私にもエネルギーを感じさせるのはなぜか、やっぱりそちらに興味があります。

| | コメント (0)

2007.06.12

街角でスケッチ、はじめませんか

線で描く 街角スケッチ帖 岡部慶子 著 山海堂

070614sketchcho ついに書店に並びました!美術関係本(画集も描き方本もあり)のコーナーに表紙をこちらに向けて立てかけてありました!見つけたっと思った瞬間にレジに駆けつけたため、写真を撮るのを忘れました(--;)

12枚のお手本スケッチそれぞれに付けられた「スケッチポイント」「彩色のポイント」、また、Q&Aアドバイスに、にやっとしたり、なるほど~とうなずいたりしながら、何度も読みました♪著者渾身の挿絵イラストもかわいいですよ~(^。^)V

* 今日(06/14)帰りに駅ビルの大きい書店にも入荷しているのを発見!今度は撮影しました♪

| | コメント (4)

2007.01.17

広重名所江戸百景

年が明けて、2週間以上過ぎてしまいました。描きまくる!ことができていないから、ブログも更新できない。この状態が、あと1ヶ月半ほど、続きそうです・・・。それはさておき、

20070117hiroshige100kei 買いました「広重名所江戸百景」!!!ゴッホさんの模写でも有名ですが、百景全部見たいと、ずっと思っていました。お正月に、keiko先生の「スケッチ日和」をのぞいたら、「線スケッチいろは」コーナーの「本棚より」に、この本が紹介されているではありませんか!ほしい!でも高い!ええい、私へのお年玉だ!ということで、買ってしまいました。(写真は裏表紙。実際には118景あるうちの「75 神田紺屋町」です)

北斎さんは動、広重さんは静、北斎さんは奇想、広重さんは常識あり(?)のイメージが、あっという間に吹っ飛びました。もちろん、ちょっと怪しい気配が感じられたから、見たかったのですが・・・。すごくポップ。奇天烈な構図とモデル。おもしろい構図は全部先を越されたなあ、という感じです。この画集を見ているうちに、北斎さんの画集を引っ張り出してしまい、それを見ているうちに若冲さんの画集を注文してしまったので、そのうち感想を書きたいと思います。

今日から教室が始まります。keiko先生のブログによると、仲間が増えているようで、さらに今日はおもしろい植物が用意してあるとのこと。楽しみ、楽しみ♪だけど、きっと手は思うように動かないだろうな・・・。というわけで、細々ですが、スケッチャー生活は今年も続くっ!!!

| | コメント (0)