2015.02.13

Present For me♪

Photo_2

Photo_45年もかけて制作された、人間(実写)と人形(コマ撮りアニメーション)の究極のWキャスト映画、「Present For You」を見ました!

なんと平日の朝の8:30から、ある意味ディープ、ある意味ライト、そしてファンタジーな世界に浸ってしまいましたが、午後からの仕事に向けて、現実に戻る時間の余裕があってよかった。

舞台は新橋、町のデザインがすばらしい。実は3D映画であることを行ってから知りましたが、それが人と人形の演技を違和感なくシームレスにつないでいるのだと思います。人も人形もすばらしい演技。とにかく映画館で見てほしい。東京では新宿のバルトだけ、しかも上映時間が日によって違う(ちなみにバルトの2の次の時間は「チャーリー・モルデカイ」でした…それも興味あるけど…)という状況ですが、ぜひぜひlovely

写真は映画館ロビーに展示されていた実物。
ガラスケースの中には、出演した人形たちや小道具、顔の表情や口を動かすための顔パーツ(サイズも形もつけ爪みたい!)などが並んでいました。

 Present For You 公式サイトhttp://www.plusheads.com/pfy/index.html

| | コメント (0)

2013.09.02

備忘録 宮崎駿氏

アニメ監督・宮崎駿さんが、引退を表明しました。
そのニュースの中の、以前のインタビュー場面より、宮崎さんの言葉。

「美術の連中とロケハンに行くと、みんな写真を撮ってきて、それを見て描いているんですよ。ぼくは、それじゃあダメだと言うの。それでは、一眼レフカメラをとおした目になってしまう。
人間の目はそうじゃない。気になるものは大きく見えるし、どうでもいいものは消えることもある。……そうでしょ。」

(録画して書き写したわけではないので、私の耳と記憶のフィルターがかかっているかもしれません。)

| | コメント (0)

2009.02.24

画家と庭師とカンパーニュ

090224jeanpierrdarroussi_2 久しぶりに映画を見ました。

ジャケット買いというか、たまたま近場の映画館で上映していたので、タイトルにひかれてまったく内容を知らずに見たのですが、大当たりで、最高に楽しい時間を過ごすことができました。

昨夏ロードショー公開されたらしい「画家と庭師とカンパーニュ」
40年ぶり(?)に故郷の村で再会した、小学校の同級生。自分の仕事に疑問を感じている画家と、趣味を本職にしたばかりの元仏国鉄の保線労働者の庭師。
最初、おじさん二人の怒涛のフランス語のおしゃべりに引きそうになるけれど、そのおしゃべりによって、それぞれの人生(まったく違うけれど、それなりに平凡な人生)が浮かび上がり、夏の雑草の中に作られた小さな畑に作物が実っていくにつれて、友情が育まれていくのが心地よくなってきて……

そんなわけで、庭師役の役者さん(ジャン=ピエール・ダルッサン)の顔を描いてみました。最初は、ただ素朴で善良そうなおじさんの目だったのが、だんだん哲学者のように見えてくるのです。

あとで、画家と庭師の興味深い会話を記録しておきたいと思います。

| | コメント (0)

2008.06.04

プロフェッショナル

たまたま「プロフェッショナル(NHK)」のトークスペシャル(今までの出演者のトークの部分から編集したもの?)を見ました。聞き手の茂木健一郎さんがプロフェッショナルではないから仕方がないのかもしれないけれど、見ているこちらがはらはらするのです。出演者の話をしっかりキャッチすることより自分が投げることばかり考えているみたいで・・・catface
それでも出演されたプロフェッショナルの方々は、ていねいにしゃべり、自分を表現されます。
歌舞伎の坂東玉三郎さんは、「お稽古の時に、完全に入り込んだ状態と、完全にコントロールした状態と、両極端をやってみる。本番では、その間にある両方のバランスがもっともよい状態を目指す。」(これが「うらやかに見て描く」境地かな・・・)
バレエの吉田都さんは、「舞台が終わって、ほっとしてくつろいだ後、寝る前には必ずその日の舞台での自分の動きがすべてそのまま脳内に再現される。客席から見たときのからだの角度まで反省して、次の舞台に生かす。でも、自分の理想のとおりにできたことはない。」(その日の舞台を脳内再生し、踊っている自分をステップひとつまで客観的に見て反省できる才能!私は、自分が描いた線の1本1本に責任をもてるかな・・・)
音楽プロデューサーの武部聡志さんは、「まったく無名の人をプロデュースしてヒットした時の喜びは、自分が、この人はいい、すごいと思ったことが、他の多くの人々に伝わった喜び。」(これをこう表現したいという気持ちが人に伝わる絵が描けるようになるといいな・・・)

080515rosem これは、我が家のプランターに咲いていたバラ。

一昨年水切れさせてしまったために、もうダメだと思っていたのに、2年ぶりに二房咲いてくれました。つぼみは鮮やかな黄色で、開くとだんだんクリーム色になっていく、棘のないかわいい子です。また咲いてくれたのがうれしくて、大急ぎでスケッチしましたlovely

そして、むずかしいな、と思いました。全紙に桜をスケッチした方々、すごいですcherryblossom

(ワットマン SM)

.

.

.

,

| | コメント (0)