« 絵本の印刷の色 | トップページ | トップページ »

2015.03.11

いっしょに行こう!

いっしょにアンベ!
髙森美由紀 作/ミロコマチコ 絵/フレーベル館(文学の森)

児童書です。表紙や挿絵を、「オオカミがとぶひ」などで注目の絵本作家ミロコマチコさんが担当しています。
表紙は満開の桜をバックに、ノボルと有田が、大きな口をあけて何か叫んでいる場面。ピンク色が印象的です。
オレ、ノボルは小学校5年生。
2年のときに、どうしても登ってみたかった近所の家の柿の木に登って、枝が折れて落ちてから、足がしっくりこなくなり、よくコケるようになった。
だから、きらいな器械体操やマラソンをしなくてすんだが、好きなサッカーもドッジボールも野球もしなくていいと言われた。
その上、友だちから柿どろぼう呼ばわりされるようになった。
ひとりでいることは、自由だ…と思ってきたノボルの部屋に、震災で家族とも飼っていた犬とも、仲の良かった友だちとも会えなくなった有田が岩手からやってきた。
有田も5年生。有田は、いつもデジカメを持ち歩き、目についたものは撮らずにはいられない。

表紙カバー折り返し

『文中で有田が使っている言葉は南部弁です。「アんべ」は「行こう」という意味で使っています。』

4年目の3月11日。私たちの地区では、自治会から配布されている「無事」(もう一枚は「SOS」)のカードを午前中家の前に掲示してご近所さんと確認し合います。

|

« 絵本の印刷の色 | トップページ | トップページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵本の印刷の色 | トップページ | トップページ »