« 昭和の気分!? | トップページ | うさぎ年♪ジャンプできるでしょうか? »

2010.10.22

ライブ紙芝居

Img_new手帳の中の空き地を見つけて描きました。いつもは細いプチを持っているのに、たまたま中プチ、しかも使い込んで先が柔らかくなったのしかなかったので、紙や髭が描きにくいったら。

某出版社の「絵本の学校」で、絵本作家の長谷川義史さんのお話を聞きました。聞きながら、ちょこっと落書き。長谷川さん絵を描いた「ねえ ねえ」(内田麟太郎 文/すずき出版)を、ご自身で読んでいるところ。長谷川さん、勝手に描いてごめんなさいm(__)m

絵本の中の絵は、長谷川さん考案のライブ紙芝居(大きな模造紙に、会場の皆さまからいただいた3つのお題を使って、墨汁をつけた太筆で三題話紙芝居を描くというもの)で描かれた絵を思い出しながら、後から描き加えました。お題は、「まつたけ、あそび、南京玉すだれ」。向かって左のマツタケを描いたのは、飛び入り参加の絵本作家、藤本ともひこさん。長谷川さんは大阪在住なので会う機会が少ないそうですが、仲良しのお二人の会話も楽しいライブでした。オチは、マツタケが「明日は遊べる?」、サル「ああ、明日も遊べないんだ」、マツタケ「ええっ、じゃあ、あさっては?」、サル「あさってかあ…あさって?あさって?さてさてさてさて さては 南京玉すだれ♪」お後がよろしいようでcoldsweats01

Sn260031 長谷川さんは、イラストレーターの仕事をしながら、絵本を作ってみたいと思っていたそうですが、持ち込みや絵本コンテストへの応募などは思いつかなかったそうです。フリーの編集者の松田素子さんに、自分の好きなものでよいからとにかく絵本の形にしたものを見たいと言われ、ぼうっとしていたら、奥様が、1ヶ月時間をください、必ず出しますと答えたそうです。そして、絵コンテを3種類出し、その中のひとつをまず作品にすることになりましたが、それからの松田さんの厳しさは相当なもので、何度も何度も描きなおしたそうです。出版社もなかなか見つからなかった中で、ついに世に出た1作目が、「おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」(BL出版)。おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんの…おじいちゃんのおじいちゃんの…とさかのぼっていったら、とうとうおさるさんに会っちゃったというお話。あらすじだけでは、この絵本のおもしろさを伝えるのは無理sweat02

長谷川さんの絵は、浪花の匂いのする(?)おおらかな線でありながら、ディテールに凝っていて、見ているだけで楽しくなります。ディテールをいい加減にしてはいけないということも、松田さんに教わったそうです。写真は、しかけ絵本「おたすけてんぐ」(長谷川義史 作/絵 /教育画劇)の中の、おたすけてんぐが、かわいいまきちゃんからのお願いで、いなくなったねこのみいちゃんを「てんぐさがし」している場面。こんな仕掛けの場面が6場面もあります!特にこのページは私にとっては立体アート。町の風景の細部も、長谷川さんの本領が発揮されていますheart04

|

« 昭和の気分!? | トップページ | うさぎ年♪ジャンプできるでしょうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和の気分!? | トップページ | うさぎ年♪ジャンプできるでしょうか? »