« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年10月

2010.10.22

ライブ紙芝居

Img_new手帳の中の空き地を見つけて描きました。いつもは細いプチを持っているのに、たまたま中プチ、しかも使い込んで先が柔らかくなったのしかなかったので、紙や髭が描きにくいったら。

某出版社の「絵本の学校」で、絵本作家の長谷川義史さんのお話を聞きました。聞きながら、ちょこっと落書き。長谷川さん絵を描いた「ねえ ねえ」(内田麟太郎 文/すずき出版)を、ご自身で読んでいるところ。長谷川さん、勝手に描いてごめんなさいm(__)m

絵本の中の絵は、長谷川さん考案のライブ紙芝居(大きな模造紙に、会場の皆さまからいただいた3つのお題を使って、墨汁をつけた太筆で三題話紙芝居を描くというもの)で描かれた絵を思い出しながら、後から描き加えました。お題は、「まつたけ、あそび、南京玉すだれ」。向かって左のマツタケを描いたのは、飛び入り参加の絵本作家、藤本ともひこさん。長谷川さんは大阪在住なので会う機会が少ないそうですが、仲良しのお二人の会話も楽しいライブでした。オチは、マツタケが「明日は遊べる?」、サル「ああ、明日も遊べないんだ」、マツタケ「ええっ、じゃあ、あさっては?」、サル「あさってかあ…あさって?あさって?さてさてさてさて さては 南京玉すだれ♪」お後がよろしいようでcoldsweats01

Sn260031 長谷川さんは、イラストレーターの仕事をしながら、絵本を作ってみたいと思っていたそうですが、持ち込みや絵本コンテストへの応募などは思いつかなかったそうです。フリーの編集者の松田素子さんに、自分の好きなものでよいからとにかく絵本の形にしたものを見たいと言われ、ぼうっとしていたら、奥様が、1ヶ月時間をください、必ず出しますと答えたそうです。そして、絵コンテを3種類出し、その中のひとつをまず作品にすることになりましたが、それからの松田さんの厳しさは相当なもので、何度も何度も描きなおしたそうです。出版社もなかなか見つからなかった中で、ついに世に出た1作目が、「おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」(BL出版)。おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんの…おじいちゃんのおじいちゃんの…とさかのぼっていったら、とうとうおさるさんに会っちゃったというお話。あらすじだけでは、この絵本のおもしろさを伝えるのは無理sweat02

長谷川さんの絵は、浪花の匂いのする(?)おおらかな線でありながら、ディテールに凝っていて、見ているだけで楽しくなります。ディテールをいい加減にしてはいけないということも、松田さんに教わったそうです。写真は、しかけ絵本「おたすけてんぐ」(長谷川義史 作/絵 /教育画劇)の中の、おたすけてんぐが、かわいいまきちゃんからのお願いで、いなくなったねこのみいちゃんを「てんぐさがし」している場面。こんな仕掛けの場面が6場面もあります!特にこのページは私にとっては立体アート。町の風景の細部も、長谷川さんの本領が発揮されていますheart04

| | コメント (0)

2010.10.18

昭和の気分!?

20101016m 10月16日(土)、TOKYOスケッチ会に行ってきました。今回のターゲットは、小金井にある江戸東京たてもの園。keiko先生の息子のSちゃんは7月に1歳になりました。葉さんも、1月に2歳になる坊やを連れて(走り回るので、目が離せない)参加、本当に久しぶりに会えて、うれしかった~♪さらに、こちらに里帰り中、岩手の農園のHさんも、かわいい坊やといっしょにゲスト参加。葉さんもHさんもお子さま方のすきを見て、サイズは小さいながらもちゃんとスケッチしていましたgood

頼りになるMさんの案内(?)で、ここだけははずせないらしい、板戸や天井に日本画(?)が描かれている三井邸と、質実剛健、高橋是清邸を見学後、さて、何を描きましょうか…。

季節感と、生活の匂い(展示物ですから誰も生活していませんが)と、そのまま描いて(切ったり貼ったりしないで)私の好みの絵になる場所を求めて、昭和の街角をうろうろした結果、裏に回って、お風呂屋さんのとなりの一杯飲み屋さんの裏庭に生えている大きな大きなすすきと、道の向こうの醤油屋さん、その隣の傘屋さん(?)の裏(住居側)を描くことにしました。上からはカラスのフンが落ちてくるし、どこに立ってどのアングルで描こうか、引いて描くか寄って描くか…

そこへ、警備員さんが自転車で通りました。これだっ、と思ったものの、もういない。しかたがないので次を待って、とにかく警備員さんを描きました。ところが、すでに姿が見えない警備員さんと、家の位置関係、大きさの関係がよくわからない。ときどき通る観光客の人々と家を見比べながら、なんとか、家の位置と大きさを想定し、鉛筆がみつからなかったcoldsweats02ので、細いペンで薄くおおよその輪郭を描きました。ここにたどり着くまでの時間が長すぎて、もうすすきは、躊躇している暇などなく、えいっという感じ。でも、これをいい加減に描いては、元も子もありませんから、よく見て、えいっと、ていねいに。帰ってから見たら、「ていねいに」が抜けているかな。

警備員さんの乗っている自転車は、昭和のお巡りさんのイメージで、表通りに止めてあった、リヤカーを引く自転車を見て描き込みました。さて、問題は色塗りだ~

| | コメント (0)

2010.10.03

おかえり~♪

101004_102801 5月に昭和記念公園でスケッチし、7月に色を塗って、8月1日に水張りをして、駆け込みで世田谷美術館の区民ギャラリーに持っていった、「春草」。無事、世田谷区民絵画展の展示を終え、帰ってきました♪一昨年は、「佳作」にも短冊を貼ってくれていましたが、今回は、タイトルと名前の札の中に小さく書かれていますcoldsweats01

最終日に、母も見てくれましたし、高校時代の友だちと待ち合わせをして、併設のレストラン「ル・ジャルダン」で、5人でわいわい赤ワインを飲みつつランチをしながら、おしゃべりをすることもできました。レストランは混むので、とにかく開店と同時に入って、食事後にみんなで見に行く予定でしたが、2人は先に見に行ってくれていて、「色の感じですぐわかると思っていたら、少し色遣いが違っていた♪」と言われました。ウフフ、草と木と空と池の水(と、例のロープ!)なので、今までとは違う緑色を出したくて、努力しました~sweat01

アートフラワーのプロで、昨年私がスケッチをさぼっていたときに、毎年楽しみにしているんだから、来年は絶対区民絵画展に出してね!と、はっぱをかけてくれた友だちが、低い目線からの構図がおもしろいし、たくさんの緑色がきれい、水にもよくチャレンジしたねと、ほめてくれましたhappy01

さて、スケッチをさぼっている間に、パソコンとスキャナーとプリンターを買い替え、画像加工ソフトはまだ買っていないので、うまくスキャンして、カードを作ることができるでしょうか…

10月11日まで世田谷美術館で開催されている「サ・コレクション*ヴィンタートゥール」展も見てきましたlovely

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »