« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.21

桜の花 咲く頃♪

090321pandraprogram 毎年春に開催される、弦楽アンサンブルの発表会。今年は、東京の桜が開花する、3月28日です。

バイオリンの腕はあいかわらず…なので、代わりといっては何ですが、プログラムの表紙を描かせていただいています。一昨年は これ、昨年は これ

今回ついに、ビバルディの「四季」全曲と、チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」全楽章、ということになりましたので、ないアイデアを絞り、自分の腕でもなんとかなりそうなモチーフを探し、桜の枝の「春」「夏」「秋」「冬」を描いてみました。中央でバイオリンを弾いているこびとは、実は私の絵ではありません。アンサンブル仲間の娘さんがチラシ用に描かれたイラストがとてもかわいかったので、特別出演を、お願いしました♪

先日、娘の卒業式で、卒業証書授与中にお約束の「春」が流れていました。一瞬、楽譜が頭をよぎりましたsweat02私以外のメンバーの腕は保障しますので、お近くの方、よろしければおでかけください。

| | コメント (2)

2009.03.18

かわいいマップ発見!

20090321setagayamap 「進める荒井良二のいろいろ展」が開催された世田谷文学館にあった「世田谷美術館分館周辺施設めぐりマップ

「施設の所在地は、裏面の案内をご覧下さい。各施設の位置はおおよその位置です。」という但し書き付きというところが、さすが区のお仕事bleahという感じですが、役立ち度もそこそこで、かわいい度はホントに満点!

イラストレーターは、おさんぽ、休日、旅、おみやげなどがテーマのイラスト本をたくさん出している、杉浦さやかさん。

| | コメント (2)

2009.03.15

進める荒井良二のいろいろ展

20090321arairoji 世田谷文学館の「進める荒井良二のいろいろ展」(2009.2.14.~3.29)に行ってきました。

荒井良二(1956~)さんは、日本大学藝術学部美術学科を卒業後、イラストレーターとしてHanakoなどの雑誌にイラストを描きながら、絵本作家をめざし、1990年から絵本を作り始めました。

数年前の夏休みに、ここのロビーで行われたおはなし会に出演したことがありますが、ここでは、いわゆる小説関係の展示のほかに、ときどき、絵本関係の企画展が開催されます。

会場ロビーのモニターに流されていたNHKの番組の映像では、「子どもの絵に負けたくない!負けねーぞー!」と頭をかきむしっていた荒井さん。絵本以前のイラストレーションは当然ですが、絵本「きょうというひ」(BL出版)の美しい原画や、新作の絵画や立体作品、屏風などを見ても、おとなの子ども心(郷愁)を刺激する感じがしました。「たいようオルガン」は、太陽が鳴らすオルガンをバックにゾウの形をしたバスが、畑や都会や海や砂漠をはしる、手を上げれば、いつでもだれでも乗り降り自由。夜になると月がオルガンを鳴らします。この絵本の大きさと、原画の質感が比較的損なわれていない点が気に入ったので、画集のつもりで購入しました。開いているのは、図録の中のこの絵本の原画のページ。この本なら、子どもたちにも喜んでもらえそうですが、絵を味わってもらうには、ほんとうにこじんまりしたおはなし会じゃないと、無理みたい。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »