« いろ いきてる! | トップページ | 進める荒井良二のいろいろ展 »

2009.02.24

画家と庭師とカンパーニュ

090224jeanpierrdarroussi_2 久しぶりに映画を見ました。

ジャケット買いというか、たまたま近場の映画館で上映していたので、タイトルにひかれてまったく内容を知らずに見たのですが、大当たりで、最高に楽しい時間を過ごすことができました。

昨夏ロードショー公開されたらしい「画家と庭師とカンパーニュ」
40年ぶり(?)に故郷の村で再会した、小学校の同級生。自分の仕事に疑問を感じている画家と、趣味を本職にしたばかりの元仏国鉄の保線労働者の庭師。
最初、おじさん二人の怒涛のフランス語のおしゃべりに引きそうになるけれど、そのおしゃべりによって、それぞれの人生(まったく違うけれど、それなりに平凡な人生)が浮かび上がり、夏の雑草の中に作られた小さな畑に作物が実っていくにつれて、友情が育まれていくのが心地よくなってきて……

そんなわけで、庭師役の役者さん(ジャン=ピエール・ダルッサン)の顔を描いてみました。最初は、ただ素朴で善良そうなおじさんの目だったのが、だんだん哲学者のように見えてくるのです。

あとで、画家と庭師の興味深い会話を記録しておきたいと思います。

|

« いろ いきてる! | トップページ | 進める荒井良二のいろいろ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろ いきてる! | トップページ | 進める荒井良二のいろいろ展 »