« ひとりスケッチ会、終了♪ | トップページ | おかだの とらの ゆめ »

2008.09.27

「出会う」

080921nagasawamakoto 9月21日(日)、スケッチ友と誘い合わせて、永沢まこと展&トークショーに行って来ました。自由奔放な線と、厳しく選んで迷わず美しく塗られた色の競演を、堪能しました。空と水の表現方法もいろいろ工夫されていましたが、どれも生き生きして美しい。

ずっと以前にご家族で旅行した時にUFOらしき物を見て、急いで描いた風景スケッチ(まさにスケッチ)に続いて、お得意のお見合いのお話。といっても、絵を描く対象と、いかに出会ってどうコミュニケートして、絵にするかという意味です。永沢先生は、どこに行ってもすぐに相性の合うお相手と出会えるようです。たとえばゴッホが描いたオヴェールの教会のように、ぜひにと思ってはるばるでかけたのに会ってみるといまひとつ相性が合わなくても、その場でもっとぴったりくる相手と出会うことができる。永沢先生は、出会い方もうまいけれど、その後のお付き合いの仕方がうまいので、これぞという絵がどんどん生まれてくるのでしょう。

司会(?)のMさんが、いい相手にどうしても出会えなかったときにはどうすれば?という質問をしてくださったので、即効性のある技を期待してしまいましたが、情報や雑音が多すぎる現代の状況の中で無心になるには、という方向のお話しでした。まあ、私はまだまだうろうろ探し回って、会えない日には、あきらめましょうか・・・sweat01 ここだ!というひらめきのある場所で描きはじめると、目が慣れてきたり、時間が経過することによって、ねらったよりもおもしろいものがどんどん絵の中に入ってくる。絞り込んで研ぎ澄まされた絵もいいのですが、私は一粒で2度でも3度でもおいしい絵が好きなので、絵の中のアイテムが増えていくその過程が楽しいのですshine

|

« ひとりスケッチ会、終了♪ | トップページ | おかだの とらの ゆめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりスケッチ会、終了♪ | トップページ | おかだの とらの ゆめ »