« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.29

対決!!!

車内の吊り広告を見て以来、ずっとねらっていた東京国立博物館「対決 巨匠たちの日本美術」に、行きました!

本展の趣旨がバトルではないことを承知の上で、勝手に判定coldsweats01

運慶vs快慶 ・・・ 地蔵菩薩像。細部まで端正な快慶よりも躍動感のある運慶に1票

雪舟vs雪村 ・・・ 想像力と創造力なら雪村。変てこは好みです。でも線もなんだか変てこ・・・

永徳vs等伯 ・・・ 上手で洗練されている等伯よりも勢いのある永徳に1票

長次郎vs光悦 ・・・ どちらのお茶碗でお茶をいただきたいかというと、圧倒的に長次郎

宗達vs光琳 ・・・ 華麗なるデザイナー光琳よりもポップで力の入っている宗達に1票

仁清vs乾山 ・・・ 判定できません。でも、仁清の色はかわいい

円空vs木喰 ・・・ 木から仏が生まれてくる円空、丸い丸い木喰。引き分け

大雅vs蕪村 ・・・ 点描が得意で自在な大雅vsちょっと硬い蕪村。でも蕪村の烏にほれた

若冲vs蕭白 ・・・ 鳳凰(若冲)vs鷹(蕭白)は鷹。でも、蕭白のこれでもか攻撃は息が苦しいっ!そこで、スーラもびっくり、若冲ののんきな点描による石灯籠に1票(若冲でほっとするとは思いませんでした)

応挙vs芦雪 ・・・ 虎対決はどちらもかわいいlovely水辺対決は水は応挙、大胆な岩は芦雪

歌麿vs写楽 ・・・ 歌麿の女性の手が小さいのはOK。写楽の役者絵の手が小さいのは顔を強調するため?

鉄斎vs大観 ・・・ 鉄斎渾身のウマヘタウマ富士山vsスキのないデザインの大観富士山。鉄斎の妙義山(これ図録で見てもすごい迫力、生で見たかった)に1票

自分の好みがわかってきました!

先日図書館で借りた「アーティスト症候群」。アートはすでに終わっている、著者自身もアーティスト症候群であった、数年前についにアーティストをやめた、という触れ込みだったので、「アートは終わった」「アーティストをやめた」部分に期待していたのに、そこは当たり障りなく通り抜けていた。著者は「ライター症候群」に乗り換えたということなのかな?!入れ替わりに借りた「洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵」。私の好きな画家の一人である松本竣介について書かれた文の中に「私は「生きている画家」(注*松本竣介が書いたもの)を読んで、彼のその勇気には感じ入りながらも、どこかでまた、なんとなく虚しく空々しいような気がしてならない。・・・・・・彼が彼の言う生きている画家であるかどうかは、彼の書いたこの文章によってではなく、これを書いた彼がどんな絵を描いたかで決るのではあるまいか。・・・・・・所詮、絵かきは絵で物を言わなければならない。それが絵かきの宿命でもある。」この言は、現代アートでは通用しないらしいけれど、私にとってはこちらのほうが腑におちる。

| | コメント (0)

2008.07.20

改めてアフリカに酔う

永沢まこと展 ― アフリカ、イタリアに酔う ―

恵比寿にあるart cafe Friendsは、予想していたよりずっとゆったりとして天井の高いすてきな会場。入ると、右の壁に、マサイの人の正面描きが3枚、ゆったりと並んでいました。吉祥寺美術館の壁に所狭しと並んでいたので、正面からぶつかることができなかったのかもしれません。今回は、がっぷり四つに組んで、お見合いをした結果、すっかり酔ってしまいました。

会場のお店が土日は12時開店ということで、それの合わせて行ったのに、中は暗くて無人。え~っ、休み?聞いてないよ!近くでランチを食べてから、まさか寝坊だったりして~、に期待して、もう1度トライ。なんと、その、まさかでした~happy01新しくて贅沢な空間で、ゆっくりと絵を見て、ゆっくりコーヒーを飲んで、ゆっくりおしゃべりして過ごしました。

| | コメント (0)

2008.07.13

月島よいとこ♪

20080705tsukishimanishinak 7月5日(土)のTOKYO野外スケッチ会は、もんじゃで有名な月島restaurant西仲通り商店街は、昭和の商店街&2軒に1軒(?)はもんじゃ屋さん&懐かしい路地が何本もあるところ。細い路地も魅力的でしたが、水に吸い寄せられて、月島川へと向かいました(勝鬨橋も近い)。

月島川は、緑色のかわいい水門で、隅田川とつながり、川沿いには釣り人、一段高いところには遊歩道、西仲橋や月島橋の向こうには、屋形船がたくさん係留されています。しばらく悩みましたが、屋根の上に小さな畑がある小船と、釣りをしている人を遊歩道から見下ろして描くことにしました。

釣り人から描きはじめたものの、見下ろす視線の方向が定まらず、船の形、大きさがつかめず、苦戦しました。屋根の上の畑を描くつもりが紙からはみ出てしまったし、対岸の遊歩道と西仲橋がほぼ一直線に見えることが、なんだか納得できない・・・手が止まった状態のまま、時間切れ。集合場所へ戻ろうとしたときに、この船の持ち主さんが、話しかけてくれました。舳先の花の奥にはキュウリ、屋根の上にはスイカが植えてあるそうですbud描いているじゃまをしないように、描き終えるのを見計らって、声をかけてくださったみたい、いい人だ~(ああ、でも集合時間が・・・coldsweats01)得意の居残りをしましたが、問題は解決しないまま。しかも潮が満ちてきて、船の位置がどんどん上がっていく~sadしかたがないので、目の前の桜の枝を描いて、撤収。

帰宅後冷静に考え、目の高さが橋の厚みの中央くらいになるので、対岸の遊歩道の手すりと橋がほぼ水平になるのも、目がずれていたわけではない、ということが納得でき、思い切って橋の線を引きましたconfidentホッ(手前の手すりの角度が浅すぎたようです)

そして今日は、対岸と橋の描き込みをしに、またまた月島に行ってきました!西仲通りにはたくさんの露店が出ていてまっすぐ歩けないほどの人通りで、月島川も、女性や若いグループなど、釣り人が増えていました。でも、先週と同じようにのんびりした空気が流れていて、船のおじさんも、また見に来てくれました♪今度は1時間ほどでなんとか描き終えることができましたが、川の色塗りは・・・

| | コメント (0)

2008.07.12

色、色、色

20080712colorsbg

先月と、今月と、阪場美紀先生の梅舎茶館の教室に入れていただきました♪

色で失敗したくないと思うと、自分なりに使い慣れた、自分なりに無難な色を塗ってしまうため、ワンパターンな色使いになりがち。しかも、長らく岡部先生の透明で上品な色を見てきたのに、師匠に似ない派手系。新しい色を開拓するには・・・

そこで、おしゃれな色使いの阪場先生が、おいしそうな梅舎茶館で開かれている教室にお願いして駆け込みました♪阪場先生は混色の名人で、魅力的な配色を一発で決めていくように見えました。塗り始めるときには、頭の中では色の構想が固まっていて、しかも構想どおりの色が実現できる感じ。

教室には、線スケッチをしたくて、新潟から月1回通ってこられている生徒さんもいらっしゃいましたsign03私もがんばろ~。まずは、自分の好きな色のカードや写真を集めて「きれいな色ファイル」作りからlovely

| | コメント (0)

2008.07.04

なぜ樹木がうねるのか

080704kohnomichiseasahi_3

最近、緑を描くと、なんだか黒々とうねるなぁ~と思っていたところに、朝日新聞の夕刊(2008.07.02)の水曜アートのコーナーに、こんな記事が・・・

ただいま渋谷区立松涛美術館で開催中の、「大正の鬼才 河野通勢(こうのみちせい)」展より、「長野風景(長野の近郊)」

実在の風景を描いているのに、どうも奇妙で不穏な空気が漂う・・・何より不自然なまでにうねる樹木・・・執拗なタッチで、うねる木の描き方も、穏やかなコロー(河野通勢は当時コローの作品に影響を受けていたといわれる)とは違う。・・・細部だけを見て、手が動くに任せて描き続けたのではないか。・・・(大西若人)

upwardright細部だけを見て・・・の部分、妙に納得coldsweats01、「大正の鬼才 河野通勢」展は、7月21日まで。見に行ってみよう♪

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »