« イタズラ描き | トップページ | ヴィーナスさん、こっち見すぎ!? »

2008.05.13

怖い(?!)絵

200805bodyprogram

.

+ 顔

+ 顔

+ 顔

.

200805composersprogram_5..

怖いshock

というより不気味?!coldsweats02

.

.

弦楽アンサンブル発表会の

プログラムの表紙です~coldsweats01

.

ただ今、図書館で「怖い絵」(中野京子/朝日出版社)と「芸術新潮2008.04 ヴィーナス100選」を借りています。「怖い絵」には、いろいろな意味で怖い絵が20作品、解説されています。見るからに怖いのは、「我が子を喰らうサトゥルヌス(ゴヤ1820頃)」や「ホロフェルネスの首を斬るユーディト(アルテミジア・ジェンティレスキ1620頃)」(ジェンティレスキは女性)ですが、私が一番怖いのは、「思春期(ムンク1894)」。筆者は少女の後ろの変な黒い影の効果を述べていますが、私は影なんかないほうがもっと怖い。少女の絵を描いているムンクを想像すると怖い~~~shock。「怖い絵」と「ヴィーナス100選」に共通して掲載されていた「愛の寓意(アレゴリー)(プロンツィーノ1545頃)」には、時の翁であるサトゥルヌスも出演していますが、怖いというよりも、判じ物めいた奇妙できれいな絵。なぜか笑えます。もうひとつ、怖いというよりびっくりは、「老婆の肖像(ジョルジョーネ1508頃)」。ジョルジョーネは、「ヴィーナス100選」にも登場する「眠れるヴィーナス(1510頃)」を描いた人。ヴィーナスは思い切り美しく、老婆は根限り醜く(当時の人々は老いを憎んだ)描いたらしい。ヴィーナスは美しいけれどいかにも古い絵、老婆は哀しいけれど、500年もの時を超越している絵。

|

« イタズラ描き | トップページ | ヴィーナスさん、こっち見すぎ!? »

コメント

happy02なんというインパクト!
話題になること、間違いナシですよ

投稿: keiko | 2008.05.15 20時02分

>keikoさん
今日の練習のときに、プログラムが配られました!
いやぁ~、弦楽の先生にも
「インパクトがあるね~」と言われましたよ
「一瞬、アメリカの大統領(岩山の彫刻のこと)かと思った」
たしかに・・・coldsweats01

投稿: mitch | 2008.05.17 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタズラ描き | トップページ | ヴィーナスさん、こっち見すぎ!? »