« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.28

TOKYOスケッチは新緑の日比谷公園

080522hibiyaparkm 本当は、土曜日のメンバーですが、娘の中学最後の運動会&弦楽アンサンブルの発表会前の最後の練習日と重なってしまったので、仕事を休んで22日(木)のスケッチ会に参加しました!すっかり初夏の快晴でしたsun

もっとコンクリートっぽいイメージをもっていましたが、巨木もたくさんあり、バラ園や小さい子の遊び場(すべり台とか)も石垣の名残もあるいろいろな要素が寄せ集められた公園でした。

 例によってスタートも描くのも遅い私、居残りで池の向こうの銀杏を描き、帰宅後にさらに描きこみをしましたが、ここでストップ!続きは週末のアンサンブル発表会が終わってから、なんとかしますcoldsweats01

clip 画像は上下左右が少しずつ切れています

.

080531pandraprogram_3

| | コメント (0)

2008.05.20

楽しく悩む

080412yamashitakohenballoo 横浜の山下公園でのスケッチ、やっと完成sweat01

塗りはじめに一定の時間が確保できないと色塗りをスタートできないわがまま者なので、土日に空いている日がないと、いつまでも線のまま飾っておくことになります(画板代わりのスチロール板にクリップで留めてリビングに置きっぱなしにしているのです)。塗り始めてからは、明日のTOKYOスケッチ会にもって行くために、毎晩少しずつ塗って、なんとか、できあがりましたhappy01

秋葉原スケッチと違って、こちらはほとんどだからいいや、と思っていたら、人や物が多くて、けっこう悩みました。油絵と違って、1度塗ったら引き返せないものね。決まっていたのは、ベビーカーの赤と、マリンタワーの濃いピンク(濃くしすぎて赤になってしまった・・・)だけ。風船は実際どおり青と白にしたかったけれど、白い風船は塗り忘れに見えそうだから、やめました。風船もボールも目立つし、お父さんの後姿はまるで主役のように場所をとっているし・・・。薄いピンクをひと塗りしてみたら、本物のぶーちゃん色になってしまったぶーちゃん犬(フレンチブルドッグ?)は、実物は薄~い茶色。でも、実物も、ぶーちゃんに見えましたから・・・pig

| | コメント (0)

2008.05.16

ヴィーナスさん、こっち見すぎ!?

080516venerediurbino

downwardleftの不気味な絵のお口直しに、「ウルビーノのヴィーナス」さんの入場券です。上野の国立西洋美術館に、金曜日の帰りに駆け込みで見てきました。

downwardleftでも書いた「芸術新潮2008.04 ヴィーナス100選」も、彼女がやってくることを踏まえた特集だと思います。見開きの大きな写真に誘われて、さらに某ベテランイラストレーターさんもブログでぜひ右脳で見るように!と絶賛されていたので。

実際にお目にかかったヴィーナスさんは、顔や目線が470年の年月を超えて生々しいというか、想像の余地がないというか・・・肌は、本当にきれい。描いたティツィアーノも、彼に依頼した人も、リアルな生々しさを求めて、それが実現された作品なのかな・・・あ、これって左脳で見ている?!

帰りに池袋を通って、池袋コミカレの佐藤麻衣子教室のロビーギャラリー展にも寄ってみました。色遣いや塗り方が、まさに麻衣子先生直伝! という感じの力作揃いでした。

| | コメント (0)

2008.05.13

怖い(?!)絵

200805bodyprogram

.

+ 顔

+ 顔

+ 顔

.

200805composersprogram_5..

怖いshock

というより不気味?!coldsweats02

.

.

弦楽アンサンブル発表会の

プログラムの表紙です~coldsweats01

.

ただ今、図書館で「怖い絵」(中野京子/朝日出版社)と「芸術新潮2008.04 ヴィーナス100選」を借りています。「怖い絵」には、いろいろな意味で怖い絵が20作品、解説されています。見るからに怖いのは、「我が子を喰らうサトゥルヌス(ゴヤ1820頃)」や「ホロフェルネスの首を斬るユーディト(アルテミジア・ジェンティレスキ1620頃)」(ジェンティレスキは女性)ですが、私が一番怖いのは、「思春期(ムンク1894)」。筆者は少女の後ろの変な黒い影の効果を述べていますが、私は影なんかないほうがもっと怖い。少女の絵を描いているムンクを想像すると怖い~~~shock。「怖い絵」と「ヴィーナス100選」に共通して掲載されていた「愛の寓意(アレゴリー)(プロンツィーノ1545頃)」には、時の翁であるサトゥルヌスも出演していますが、怖いというよりも、判じ物めいた奇妙できれいな絵。なぜか笑えます。もうひとつ、怖いというよりびっくりは、「老婆の肖像(ジョルジョーネ1508頃)」。ジョルジョーネは、「ヴィーナス100選」にも登場する「眠れるヴィーナス(1510頃)」を描いた人。ヴィーナスは思い切り美しく、老婆は根限り醜く(当時の人々は老いを憎んだ)描いたらしい。ヴィーナスは美しいけれどいかにも古い絵、老婆は哀しいけれど、500年もの時を超越している絵。

| | コメント (2)

2008.05.05

イタズラ描き

080504mozart_4 080504handel_4 080504vivaldi_3 *

*

*

*

*

*

ここのところ、図書館のおはなし会や、今月末の弦楽発表会の練習で、スケッチに行けません。先日の横浜スケッチの色塗りもできていませんが、発表会で演奏する曲の作曲者の似顔絵を描いてみましたcoldsweats01

すてきなヘアスタイルの方をピックアップ!それにしても、人の顔は、写真(でははく肖像画ですね)を見て描いてもむずかしい。輪郭、パーツの配置は、そのままのはずなのに、名前を入れないと・・・coldsweats02

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »