« 若林いね子さんの個展 | トップページ | 芸術の秋 »

2007.11.10

気分はペーター♪

岡部教室の今回のテーマは「肌の色」。「ユニセフ写真集 世界の子どもたち」というすばらしい写真集と出会うことができて、楽しくて一気に4枚描きました。「いつもの人物スケッチと違って、色を研究するんだからいい紙に描かないとだめよ。」と言われたので、思い切ってワットマンのSMサイズのスケッチブックを使いました!だから、ボツや描き直しはナシ!似ているかどうかは秘密です。テーマは色塗りですから(^。^)V

今は、あえて色は顔と髪だけにしていますが、洋服や髪飾りの色を入れたほうがよいのか、思案中です。

071110unicefireland *アイルランドのはにかんだ笑顔の女の子

SMとはいえ、紙一杯に描いた顔。初めてのことで、教室で塗り始めたときは、どう塗ればよいものやら。で、いきなりオペラで目の周りから塗り始めたら、おさるさんのようになってしまって・・・。すかさずkeiko先生が、「これから、これから」と声をかけてくださったので、気を取り直して、今度は慎重に、全体の調子を見ながら、カドミウム・オレンジとオペラをうす~く、うす~く塗っていきました。そのうち、ペーター佐藤さん(ミ○○○ドーナツのイラストがなつかしい)の気分になってきました♪(図々しいですね)

*アフガニスタンの意志が強そうな女の子

071110unicefafghanistan_2 *

今度はおさるさんにならないように、また、もとの写真が左手前から光が当たっているので、陰影を強調するように気をつけて、カドミウム・オレンジから塗り始めました。でも、メインはやっぱりオペラで、またまた、うす~く、うす~く。

彼女は目の色が薄かったので、最後に、ウィンザー・グリーンとカドミウム・オレンジで瞳に色をつけました。

*

*ケニアの緊張している女の子

071110unicefkenya *

*

きりっとした顔だな、と思いながら描いたら、やっぱり写真よりも大人っぽくなってしまいました(^^;)

カドミウム・オレンジでかなり塗ってから、バーント・アンバーを塗り重ねました。最後にオペラを少し入れて、セピアで陰と影を入れました。オレンジ色の洋服がとてもよく似合っています。

*

*中国の晴れ着がうれしい女の子

071110unicefchina_2 *

一番見慣れた、小さい面積なら何度も塗り慣れた肌の色だと思っていましたが、面積が広いこと、お化粧をしていることで、ちょっと勝手が違いました。一番難しかったかも。

カドミウム・オレンジを先に塗り重ねてからオペラで顔色をととのえました。こちらは、カドミウム・オレンジとオペラを混ぜてから塗るとよかったかも。最後にパーマネント・ローズの頬紅と、赤い紅を入れました。首の影、耳の陰と影は、どうする?

*

それにしても15年前の写真集。平和な環境、戦争に巻き込まれた環境、苛酷な環境、世界の様々な環境で、生きている子どもたちも、もうすっかり大人になっているはず・・・アフガニスタンの女の子の当時の環境(ソ連軍撤退後の内戦中?)、その後のアフガニスタンの状況を思うと、彼女のまっすぐな瞳が今何を見ているのか、考えさせられます。

|

« 若林いね子さんの個展 | トップページ | 芸術の秋 »

コメント

すすす、素晴らしい!!!
子供達、なんて美しいのでしょう。
 アイルランドの少女の高潮したはにかみ、ペーターさん!確かに!
 アフガニスタンの少女は教室でも大人気の一作でしたね。陰影によりさらに瞳の美しさが強調され、引き込まれそうです。
 ケニアの少女、ふむふむ、そういう順に塗ったのですね。シャドウの馴染ませ具合が素晴らしいです。おでこのあたりとか、頭蓋骨を感じる!
 中国の少女、塗り残しと塗り足しのバランスが絶妙。耳は細かく陰影を探して丁寧に塗り、首は思いきってもっと落としてもよいかと。

 素晴らしい本も見せていただき、ありがとうございました。やはり「うぉ~、描きたい」と思えるものとの出会いって、大事ですね!

投稿: keiko | 2007.11.11 11時00分

ほんときれいな肌ですね~。
肌色研究・・・わたしもぜひ参加したかった!
でも細かく色と順番書いてくださってるので
とっても参考になりました。

ついでに影についてやった教室のレポートも
ぜひアップしてください!!

投稿: 葉 | 2007.11.11 18時20分

>keikoさん
ありがとうございま~す♪
こんなにていねいに塗ったのは、初めてです!
いや、いつもていねいに塗らないとだめですよね(^^;)
元の色を見ながら塗るということが初めてなので、とても新鮮でした。
どの子にも思い入れがあって、ちょっと気合いが入っちゃいました♪

投稿: mitch | 2007.11.12 21時51分

>葉さん
空を塗るときと同じように、水をたっぷり使って
1回1回、グラデーションにすることによって、すべすべお肌を目指しました♪

影はね、私の場合は、線を描いただけでまだ塗っていないの(意味がない)
それではマズイと、今回は家で線を描いていったのです(^。^)V
教室では、keiko先生が女性の写真を見ながら肌の陰影を塗っているのを観察。
それを、今回の色塗りに生かしたつもり♪
葉さんは(私も)、木漏れ日の塗り方が気になると思うけど、
画集とかでこんな感じになるといいな、という絵を見つけて、
まねして塗ってみるといいかも。遊びに来てくれるのを待っていますよ~~~

投稿: mitch | 2007.11.12 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若林いね子さんの個展 | トップページ | 芸術の秋 »