« 海の幸 | トップページ | 世田谷区民絵画展に思う »

2007.09.30

シスレーの色、シスレーの空

9月28日に「海の幸」に会いに行ったブリジストン美術館で買ってきた、4枚の絵葉書。ついつい風景画を選んでしまいました。子どもにどれが好みか聞いてみたら、息子は向かって左の2枚、娘は右の2枚だそうです。

070930bridgestonemuseumca *

「生木と枯木のある風景」ピカソ 1919

      「ヴェルノン付近の風景」ボナール 1929

*

*

「イヴリー河岸」ルソー 1907

      「サン=マメス六月の朝」シスレー 1884

*

070930sisleybridge1872 常設展示のひそかなねらいは、最近気になっているアルフレッド・シスレー。3月にオルセー美術館展で見て以来、はまっています。印象派の中で最後まで印象派らしい形をくずさなかった(化けなかった)ために、日本では地味な存在のようです。本を図書館で借りて読みました。画集も買いました。借りた本の中の絵は小さいけれどたぶん原画に近い色、画集は色がいまいちでした。ブリジストン美術館のシスレーは、1866年作と上の1884年作。私が特に好きなのは、右の「ヴィルヌーヴ=ラ=ガレンヌの橋(1872)」のような、1870年代に描かれたもの。夏に花巻に行ったときには、川(9月の台風で増水した北上川、美しい風景は戻ってきたでしょうか)を渡るたびに、「シスレーの絵のようだ」と思い、夏からこっち、毎日空を見て雲の形を研究していますが、やっぱり「シスレーの絵のようだ」と思ってしまうのです。

今回よかったのは、ジョルジュ・ルオーでした。「郊外のキリスト」もいいけれど、ブリジストン美術館の「ピエロ」、すごくいいです。子どもの頃に何度も見たルオー(倉敷・大原美術館のもの)。気になるけれどよくわからなかったルオーに、今頃惹かれるとは・・・。

|

« 海の幸 | トップページ | 世田谷区民絵画展に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海の幸 | トップページ | 世田谷区民絵画展に思う »