« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.27

塗っていますよ♪

20070704greenvesitable_3 戻ってきた高橋広展&帰ってきた岡部慶子展でのおしゃべり。「娘は学校の宿題よりも友だちと見せ合うイラストを描くほうが優先で、宿題はぎりぎりになるまでなかなか始めないんですよ・・・」と言ったら、やさしい高橋さんが、「そりゃあ、当たり前だよね。宿題よりイラストの方がずっと楽しいよ。」とフォロー?。そこへ、「それ、お母さん(私?)といっしょじゃない?!」という、keiko先生の鋭いツッコミが・・・

ばれたっ!

野菜も、緑を描く宿題も、多摩動物園野外スケッチも、まだまったく塗っていなかった!これはイカンというわけで、ここ1週間、毎日少しずつ塗っています。塗り始めると一気に塗りたい、もっとまとまった時間がほしい、けれど、まあこつこつと。

前に、4月期の東京ミッドタウン野外スケッチと新宿御苑大温室スケッチを2枚並べて交互に塗ると、乾くのを待つ時間が不要で、塗るリズムがとてもよかったので、今回も、小さいのを入れると4枚を並べて、交互に塗ってみました。待ち時間がない分、集中力が途切れなくて、ドライヤー嫌いの私にとっては、この方法がいいみたい。野菜は、バックが白い分、早く塗り終わりました。同じパターンの塗り方にならないように気をつけて、他の3枚もこつこつ完成させます!

| | コメント (8)

2007.08.19

私の夏休み

070815keikotakahashi_2 北上に行ってきました!

戻ってきた高橋広展&帰ってきた岡部慶子展

家族旅行の行き先を、それぞれに根回しして、東北方面に決定!渋滞もなく順調に行けたので、北上に着いたその足で作品展に向い、ゆっくりたっぷり作品を見て、keiko先生&初スケッチ(とってもかわいいぬいぐるみがモデルです)に色塗り中の画伯、そして高橋広さんともお話しができました♪

070815kitakamipensionm 北上のペンションに泊まり、翌朝早く目が覚めたので、窓から見える風景をSMサイズにスケッチ(旅行で唯一のスケッチ)。庭に積んであった薪がおもしろかったので描きはじめましたが、手前の木に手間取って、主役はいい加減になってしまったかも。

花巻にも行きました。一番見たかったのは、宮沢賢治が好んだイギリス海岸。イギリス海岸もそうですが、今回東北自動車道を北上しながら感じたのは、日本の川は本当に美しいということ。

平泉では○十年ぶりに見る「兵どもが夢の跡」。旅の最後は初めての「ああ松島や」。松島で泊まる宿を探しているときに、この日が花火大会の日だということを知りました。昼間降っていた雨も上がり、宿から、思う存分海上の灯篭と美しい花火を堪能しました。翌日帰宅すると、二子玉川の花火大会の音が響いていたので、前夜の贅沢な花火をまた思い出しました♪

070817mtsushimahanabi1 070817mtsushimahanabi2 070817mtsushimahanabi3

今日は、三軒茶屋のキャロットタワー内で開かれたおはなし会で、5分ほどの昔話を語ってきました。旅行中も夢に出てきて、始まるまではドキドキ。でも、このライブな感じは、やめられません。

今、「日本人と自画像」(NHK教育)が終わりました。絵を描くことって何だろう。自分を見つめるって何だろう。

| | コメント (2)

2007.08.10

暑いときには熱いスケッチを

070804tamazoobakum_2 暑いときには暑い場所でスケッチを!体育会系の岡部教室の野外スケッチは、真夏の多摩動物公園でした。私が体育会系だったのは、もうはるか昔の話だし、本当に暑かった。

と言っても、午前は別件ありで、午後からの参加。しかも、楽器を持っていたので、日なたに置くわけにはいかない!というわけで、思い切り日陰でスケッチさせていただきました♪もう、何を描きたいというよりも、探し回る時間もないし、日陰が絶対条件だし、あ、このバナナを描きたい!というわけで、不思議な動物、マレーバクさんに決定!そばでじっくり見たのは初めてだけど、もうめちゃめちゃ魅力的な動物でした。その魅力を描く力がなかった自分が残念!!!

スケッチをしている間に、棕櫚の向こうからこちらを見つめたり、バナナの葉を食べたり、プールに落ちるように飛び込んで潜ったり、こちらにおしりを向けて出すものを出したり、立ち上がって歯をむきだしたり、口をあけたまま寝たり、大きな声を聞かせてくれたり・・・鼻は伸び縮みするし、意外と素早く動くし、妙に足が長いし、シッポと正面顔がかわいいし・・・

絵の出来はともかく、マレーバクさんの醍醐味を味わえた熱い3時間でした。

日陰だけど(^^;)

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »