« 街角でスケッチ、はじめませんか | トップページ | 不思議! »

2007.06.19

考えています

4月期の講評会で発表したのは、先日アップした教室野外スケッチの「東京ミッドタウンの庭園」と、次回アップ予定の「新宿御苑の大温室」。F6を2枚持っていったので、私なりによくがんばりましたも含めて、おおむね好感触♪そして、keiko先生からの質問は、どんなものが描きたい?これから何を描いていきたい?

う~ん・・・何だろう。ひかれるのは、生活感のある風景・・・かな。具体性がないなぁ・・・。

070619yuasasan ゆあさようこさんの個展に行ってきました。場所は自由学園の明日館。自由学園には多少のご縁がありますが、私が訪ねたのは、初めて。すてきな場所でした。

そして、とってもすてきなゆあささんのスケッチ。ていねいにていねいに、慈しむように描かれた線と色。木版画を思わせるような線に、最近の作品(右)は、エッチングを思わせるさらに細かい線が加わっています。ゆあささんは、旅先のスケッチが多いけれど、そこで生活しているような温もりがあって、私が描きたいのも、こんな風景かもしれません。

070619pen0701 そして今朝、出勤途中の駅の売店で、ぱっと目に飛び込んできたのは右の雑誌、の右に小さく書かれた「日常をアートに変え」の赤い文字。ここから下は、他の雑誌が重なっていて見えません。でも、このひと言で、雑誌をジャケット買い。電車の中でよく見ると、「日常をアートに変えた写真家」「アンリ・カルティエ=ブレッソン」でした。今、竹橋の国立近代美術館で「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」展をしていましたね。今度、見に行ってみよう。

この雑誌で見たブレッソンの作品は、ほんとに被写体は日常?!と言いたくなるほど、彼のアートになっていました。

|

« 街角でスケッチ、はじめませんか | トップページ | 不思議! »

コメント


むか~し
「幼児期は芸術のなかで」という園長先生の
考えにひかれて息子をその幼稚園に通わせていました。
親のほうが人生の美学を学んだ尊い時期でした。

究極、何を描いていきたいかとは
どう生きていきたいのかと問われている気がします。

とことん描いて描いて
描き続けてくださいね。

投稿: あわたさちこ | 2007.06.21 16時57分

>あわたさん
あわたさんと出合って3年半!
30枚は超えましたよ♪
なんて、本当にスローペース(^^;)
絶対量が足りないなぁとは思うけど、
今のところは、これが私のペースです
そろそろ集中して描く機会も作るよ!!!

投稿: mitch | 2007.06.22 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街角でスケッチ、はじめませんか | トップページ | 不思議! »