« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.15

あれれと、うふふ

先週の水曜日は、一足早くが来たようなスケッチが、次々と現れる、楽しい講評会でした。講評会は楽しみだけれど、そこで一区切りだから、別れもあるかもしれないし、複雑な気持ちの日でもあります。keiko先生も、花巻に行ってしまうけれど、がんばって遠距離通勤(?)をしてくださるとのことで、とりあえず当面は安心♪なかなか自立できない私です。

講評会も無事に終わり、ふと思い出したのは、私は今回の野外スケッチでは、を描くつもりだったこと。息子が高校受験中だったので、受験といえば天神様、天神様といえば、という連想で、を探して歩いたものの、なかなか描きたいに出会えず、奥沢神社にたどり着き、わらの大蛇に呼ばれてスケッチブックを取り出し、でもスケッチの主役は後姿の狛犬と、落ちていた椿の花。あれれ、落ちた椿!?合格祈願ののつもりが、落ちた椿を描いてしまった。あ~あ。

今日、うふふ、なことがありました。ネットで本を探しているうちに、全国6500店の新刊書店で構成する日本書店商業組合連合会のホームページ「本屋さんへ行こう!」が「2007年 本のある風景」を募集していたところに行き当たり、応募していたものが、入選しました♪本当は募集の趣旨に沿って新たに描くとよいのですが、昨秋描いた近所の本屋さんのスケッチがぴったりだと思ったので、募集要項の規定にあわせてトリミングして即応募。原画をそのまま規定のサイズにすると縮小率が高すぎて何が描いてあるのかわかりにくい、ということもありましたが、原画の中の自分が一番楽しく描けた部分をクローズアップしてみました。原画は屋根に惹かれて描き始めたので、ちょっと窮屈な構図なのです(^^;)

| | コメント (4)

2007.03.11

そっくりさん!

上野の東京都美術館で、日本アンデパンダン展オルセー美術館展を見てきました。まずはオルセー美術館展から。

最愛の「星月夜」(ファン・ゴッホ作)は来てくれなかたけれど、ゴッホ作品は「アルルのゴッホの寝室」と「アルルのダンスホール」がエントリー。ダンスホールは、歌舞伎の芝居小屋(天井桟敷つき)のような、浮世絵のような色とデザインがおもしろいけれど、そばで見ると、ゴッホならではの対象をよ~く見たぞ!という手応えがないのが、ちょっと残念。

掘り出し物その1は、マネの「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」ではなく「アンリ・ロシフォールの逃亡」。魅力的な海の水と波。

その2は、セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」ではなく「ギュスターブ・ジェフロワ」。セザンヌがジャーナリストで文筆家で美術評論家でモネの友達のジェフロワさんを彼の家に通って描いたもの。セザンヌが室内で描いた絵にはあまり惹かれたことがないけれど、これは好き。

その3は、ゴーギャンの「黄色いキリストのある自画像」ではなく「黄色い積みわら(黄金色の穫り入れ)」。線が甘い気がする(誰に向かって言ってる?!)けれど、色、配色、色の配分が好み。

そして、そっくりさん。並べて掛けてあった、モネの「アルジャントゥイユの船着場」とアルフレッド・シスレーの「洪水と小舟」。モネは上が空と雲で、左が木立、右手前が川。シスレーは、上が空と雲で、左が家、右手前が洪水で湖状態になった地面。空の色のグラデーションと雲の表現が、同じ人が描いたようにそっくりだった。帰りに見上げた上野の空も、二人の描いた空にそっくり。二人の構図に合わせて、写真の左右を反転させてみました(^^;)

070311tobikan_2

日本アンデパンダン展は、昔ルソーが毎年出展したパリのアンデパンダン展と同じく、誰でも出展料を払えば出展できる展覧会。抽象画も具象画も、立体も、大作も小品も、広い会場に百花繚乱。描いた人の伝えたいことや表現したいことなどを考えながら、ゆっくり見ました。自分だったらどう描くか、なんてことも考えながら♪

| | コメント (0)

2007.03.06

今年は和風?

20070217okusawajinjacute 石の彫刻(?)に、初めての色塗り。狛犬と石でできた鳥居だから、グレーが基本ではありますが、どうしましょう・・・。

石とはいっても温かみが感じられる色にしたくて、アンリ・ルソーの「サン=ニコラ河岸から見たサン=ルイ島」のグリーンがかったブルーグレーをイメージして塗りました。ペインズグレーを塗る前に、ウィンザーオレンジやヴィリジアンを塗ったり、上からウィンザーヴァイオレットやコバルト・ターコイズをかけたり、恐るおそる塗りたくってみましたが、成果があったかどうかは・・・まあ、あくまでもイメージということで。

奥沢神社の鳥居がだったらよかった(keiko先生談)のですが、石の鳥居をく塗るのもはばかられ、誰かが置いていった淡いピンクの椿の花を、真っにしてみました。椿の花は、奥沢神社に咲いている物ではなく、誰かが近くで拾って、正面側に置いて行ったものらしいのですが、ずりずりっと引っ張って、スケッチの中に入ってもらったもの♪

始めて使うワットマンF4ですが、今まで使っていたストラスモアよりも色が濃く出るような気がします。モデルのせいなのか、ワットマンのせいなのか、なんだか自分では塗ったことがない和風の色調になったような感じ。ああ、やっと明日の講評会に間に合った!!!

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »