« イタリア展と、ちひろの絵のひみつ | トップページ | 十六夜の月の翌日に »

2006.10.02

デュフィ+ちひろ=?

20060401pandracomp_1 発表会のカードは、4月の月記「人を描く練習♪」でも言い訳をしているように、演奏している人以外の余白が広くて、人を塗るにしても白と黒、譜面台も黒、楽器は似たような茶で、どう仕上げればよいのか思いつかず、パソコンで色とデザインを加えてカードの体裁を調えたものでした。

なんとか色を塗りたいと思っていた6月に、鎌倉大谷記念美術館の「微風展~デュフィを中心に~」で、「黄色いコンソール」(ラウル・デュフィ)という作品を見ました。装飾的なデザインの黄色いコンソールに楽譜とヴァイオリンが置いてある油彩でした。さらに、図録「鎌倉大谷記念美術館名品選」に載っている「オーケストラ」(デュフィ)。イメージはこれだ♪と思いながらも、具体化できませんでした。

20060930pandravn

先日ちひろ美術館で、いわさきちひろさんが水彩で描いたグランドピアノ(黒だけではなくきれいな色が何色もにじんでいる)を見て、そうだ、ヴァイオリンを描いて好きな色をにじませよう。周りも黄色をベースに、にじみを使えば…。(そんな塗り方をしたことはありませんが)

アンサンブルメンバーの服装と楽器の色は、「オーケストラ」(デュフィ)からイメージした色。ソリストのスカートの色は、「ちひろの絵のひみつ」の「補色の効果」を参考に、バックの黄色の補色である紫にしてみました。

線描きも配色も苦労しましたが、こんなやりたい放題のスケッチ(?)も、ちょっと楽しい。

|

« イタリア展と、ちひろの絵のひみつ | トップページ | 十六夜の月の翌日に »

コメント

まあ!なんて幻想的~~~
原画持ってきてくださいね。
また皆さんと盛り上がりそうだわーーー

投稿: keiko | 2006.10.03 21時43分

>keikoさん
こんばんは~♪
色塗りを待つ絵が山のようにある人もいるというのに、
こんな小さい絵の色塗りに1週間!!!(おもしろかったけど)
私は、たった1枚をこそっと持って行きますが(^^;)
keiko先生やみんなの絵を見るのが、とっても楽しみ(^○^)V

投稿: mitch | 2006.10.03 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア展と、ちひろの絵のひみつ | トップページ | 十六夜の月の翌日に »