« 岡部慶子個展「Journey」 | トップページ | イタリア展と、ちひろの絵のひみつ »

2006.09.20

夏の日ざし

20060800docomotower 教室の野外スケッチでお台場のを描くはずが、急用にてお休み。やむなく、後日、すご~く近場、通勤で毎日見ている風景を描くことにしました。実は、描きかけてあきらめていたものを復活!勝手知ったる場所とはいえ(だから)、1人でスケッチする勇気が…。そこで思いついたのが、商店街が休みであろう曜日、しかも朝の8時頃に行って、こっそり描こうという作戦。この作戦、半分成功で半分失敗。描き始めにはお店も閉まっていて、すんなり描きはじめることができました♪ところが、代々木商店街のみなさまは、とっても働き者。9時になると、開店の準備が始まった。私の立ち位置は、用品店の出入り口前(^^;)おじいさんが、押入れストッカーとか、ポリバケツとかを店内から運び出してきては外に積んでいく。そのたびに私は5歩さがる。何度か目が合ったけれど、緊張していて、挨拶もまともにできなかった。スケッチャーとしては失格です。本当にコソコソ怪しい態度をとってしまった。反省。

今回の色塗りの目標は、その1・空にできるだけ自然な雲を描くこと、その2・ざしを色と影で表現すること。

雲はマスキングをするかどうか悩みましたが、から秋にかけての特権(?)、マスキングに挑戦。今までの雲の中では、一番自然に描けたかな?そし20060800kadoyashadow て、ざしの色と影。古い元店舗は、できるだけさわやかに明るく塗って、思い切って影を入れました。まだ思い切りは足りないけれど。そこで出ました師匠のダメだし!問題は後ろにそびえ立つドコモビル。実物より明るい色をねらっていましたが、色を調整するために元店舗よりも絵の具を塗り重ねてしまったため、近いけれど遠くのドコモビルにピントが合ってしまった。あ~あ。

こそこそスケッチャーの私ですが、これぞスケッチャーの個展を2つ、見せていただきました。Iさんの「スペインとマルタで見た風景」。旅スケッチらしい絶妙のバランスで、一見さらっと描いている風ですが、絵の中のどの部分にズームしてもちゃんと1枚の絵になる描きこみ方がすてきでした。Tさんの「ベトナムで出会った素敵な風景」は、今日帰りに回り道をして見てきたばかり。描くエネルギーがすごいのはもちろん、そこで生活して描いている、人と緑が特にすばらしいなぁと思いました。Tさんは、人を描きたいというよりも、風景に人を入れる練習のつもりだったそうです。人のぬくもりがある緑あふれる風景をたくさん描いてほしい。

|

« 岡部慶子個展「Journey」 | トップページ | イタリア展と、ちひろの絵のひみつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡部慶子個展「Journey」 | トップページ | イタリア展と、ちひろの絵のひみつ »