« 夏の日ざし | トップページ | デュフィ+ちひろ=? »

2006.09.24

イタリア展と、ちひろの絵のひみつ

昨日は、永沢まことさんのイタリア展&トークショーに行きました。永沢さんは、理性ではなく感性で、イタリアが好き、イタリアの色が好き、イタリアのオイルが好きなんだと思う。永沢さんのエネルギー源は、炭水化物ではなくオイルだそうです。あのフットワークと充実した気力体力は、ぜひぜひ見習いたいけれど、私はご飯はやめられないなぁ(^^;)

20060924littlegirl_1 今日は、いわさきちひろ美術館の「あなたもちひろになれる!?ちひろ画法のテクニック」展の最終日だったので、息子に「お母さんはいつも最終日に行くなあ。」とあきれられながら、急いで駆けつけました。私はいわさきちひろの絵本で育った年代で、大人になってからも、「絵のない絵本」や「たけくらべ」、「わたしがちいさかったときに」など、主に鉛筆の線で描かれた絵本に惹かれました。

ちひろの絵のひみつ」という本の出版を記念しての企画展でしたが、透明水彩を使った絵の具の技法だけでなく、たくさんのデッサンが展示されていました。彼女は、画家を志してからは、どこへ行くにもスケッチブックを携えて、絶えず周囲を観察し、鉛筆でスケッチしたそうです。電車内スケッチもありましたよ。というわけで、私も電車で向かいに座っていた女の子を密かに描かせていただきました。

ちひろさんは若い頃、丸木位里・俊さんのアトリエに通いましたが、そこでは鉛筆や木炭でデッサンをしながら、消しゴムを使うことはなく、『自分の引く1本の線にも責任を持つ考え方』を学んだそうです。永沢まことさんがトークショーで、ペンで描く理由としておっしゃっていた、「(消せないペンで描くことは、常に判断と決断を迫られること。)人生は消しゴムで消せないでしょ。」ということと共通しますね。

|

« 夏の日ざし | トップページ | デュフィ+ちひろ=? »

コメント

わたしも行ってきました~。
ちひろ美術館・たけおさんの個展・永沢先生イタリア展。

「一本の線に責任を持つ」
・・・無駄線の多いわたしには痛い言葉でした。

永沢先生のトークショー今回は仕事と重なって聞けず残念だなぁ。

たけおさんの個展もほんっとに素敵でしたよね。

来週からの教室には刺激十分過ぎ。
あとは自分がどれだけやるかですよね・・・。

投稿: 葉 | 2006.09.25 08時34分

>葉さん
あらぁ!教室は、来週からだったぁ…
葉さんの、ぶらさがりものシリーズ、楽しみにしています♪

イタリア展では、姉妹とkeiko師匠に会いましたよ♪
お姉さまは次回は無理だから、妹さんにまた教室に来てねって言ったんだけどな…

たけおさん個展はもちろんだけど、ちひろ美術館にも行っていたのね♪
気が合いますね~!?
何を隠そう、私は、絵を描くよりも、絵本を読むほうが得意なの。
絵本が大好きで、たまには、おはなし会で読んだり語ったりするのよ~♪
あ、でも葉さんは、プロだった!しまった(^^;)

葉さんの線は、真剣に描いたってことが伝わってくる線だと思います。
私もヤケクソ線を描かないように、努力します!
ああ、見てばかりいないで、描くんだ、描きまくるんだ、
永沢さんや、たけおさんや、ちひろさんや、keikoさんや、葉さんのように!!!

投稿: mitch | 2006.09.25 18時08分

やっぱり!
わたしひそかにずっとmitchさんは
同業者じゃないかと思ってたんですよ。
(同業ではないんですよね???)
でも絵本好きと聞いてなんか納得しました。

わたしも絵本が好きで仕事の具体的な出発点も
卒論で絵本(絵本そのものではなく、
読み聞かせや語りと子どもについて)を
取り上げたことなんです。

今度ぜひおすすめの絵本とか教えてください。

それからmitchさん書いてくださったけど、
この描きまくりの中にとてもとてもわたしは入れません!
はずかし~!!

投稿: 葉 | 2006.09.26 18時26分

>葉さん
残念ながら、まったく素人です。
でも、子ども2人に約10年間、毎晩絵本を読んでいました。
それが楽しかったので、
ここ数年、児童館などでおはなし会をする仲間に入れてもらっています。
ほめられるのは、声が遠くまで届くこと♪
卒論で研究されたこと、教えてください!
絵も、10年描き続ければ、少しは………!?

投稿: mitch | 2006.09.26 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の日ざし | トップページ | デュフィ+ちひろ=? »