« アフリカ!アフリカ!とデッサン入門 | トップページ | 世田谷区民絵画展♪ »

2006.08.27

展覧会三昧

200608yukatajakuchu_1 昨日は「川瀬巴水展」、今日は「若冲と江戸絵画展」に、行ってきました。

昨日は、永沢さんのトークショーを聞きたかったのですが、時間的に間に合わないのであきらめて、その代わりといってはなんですが、夕方からニューオータニ美術館に行きました。keiko先生は巴水の大ファン。浮世絵にしか出せない線、浮世絵にしか出せない色を追求した巴水の姿(会場には、1956年に撮影された所要50分間のビデオがエンドレスで流れています。巴水さんがロケーションして鉛筆でスケッチをするところから、彫り師さん、刷り師さんの活躍までが克明に記録されている上に、巴水さんの飄々としたナレーションがおもしろい)と作品を見ると、「スケッチは俳句だ。」と感じます。ビデオの中の巴水さんが、松尾芭蕉のような格好をしていたので、単純に連想したのかもしれません。川瀬巴水展は9月3日までです。お早めに。

今日は、先日の教室野外スケッチに行けなかった分のスケッチをしにでかけ(と言ってもお台場まではとてもとても^^;)、一旦帰宅して子どもたちと昼食を食べてから、上野の東京国立博物館に行きました。並ぶこと20分。午前中立ちっぱなしだったので、足は疲れましたが、文庫本ノートに落書きをしていると、20分なんてあっという間。列がカーブしているのでちょうど見えた、着物姿の二人をスケッチさせてもらいました。左は藍の濃淡に赤い百合(アマリリスかな)の帯、右は、黒地の透ける着物に白っぽい地模様の帯。スケッチしていたときには遠くてわかりませんでしたが、会場内で見かけたら、二人ともとても若い女性で、右の人の幅を広く出してある不思議な半襟は、レースでした。

若冲と江戸絵画展は、最終日だからかあまりにも混んでいることを除けば、楽しめました。若冲さんは、虎以外は実物をスケッチしているそうですが、技巧を凝らした絵と、筆のおもむくまま描いたように見える絵と、両方を不思議なバランスで組み合わせた絵がありましたが、どれも力強い。若冲さんではありませんが、白と黒を対比させた屏風が何組かあって、それぞれ趣向が凝らされていて、おもしろかった。大きな桃の掛け軸が気に入ったのですが、作家も作品名も思い出せない(--;)

|

« アフリカ!アフリカ!とデッサン入門 | トップページ | 世田谷区民絵画展♪ »

コメント

mitchさん、教えてくれてありがとうございます!!!危うく逃すところでした。
実は、生を見たことないのです。
あー嬉しい。楽しみ。図録も。

そして、若冲もいいな~!!!
これはもう終わってしまったのですね。
あの人の狂ったような書き込み、こだわりにはドキドキさせられます。

また情報お願いします!

投稿: keiko | 2006.08.29 10時30分

>keikoさん
よかった♪ もしやと思い、メールしました!
こじんまりした会場ですが、
職人さん好きなkeikoさんは、ついついビデオに見とれてしまうかもしれないから、
時間の余裕と、冷房対策をお忘れなく!

江戸時代の絵画は、お手本を見て描いたのかな、とか思いながら見てしまいますが、若冲さんは、もうこれでもかの俺流で、すごい描きこみ。かと思うと、最小限の線と色で描かれた絵もありました。その線は、描けそうに見えて、絶対描けないだろうな、って感じ。

投稿: mitch | 2006.08.29 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフリカ!アフリカ!とデッサン入門 | トップページ | 世田谷区民絵画展♪ »