« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.31

藤田嗣治展

20604threewomen_15月19日(金)の夕方、仕事帰りに国立近代美術館に藤田嗣治展を見に行きました。

なぜか一番気になったのは、「三人の女」(3人の娼婦像)。気になる絵に限ってどこにも説明がない!と思いながら「芸術新潮」の特集記事を読んでいたら、もてはやされた白い裸婦からの新たな出発を求めた試みのひとつで、「これだけ品のない藤田作品も珍しい」と、バッサリ!

「三人の女」に」ちなんで、文庫本ノートから、化粧する女性2人+飲む女性=3人の女性を集めてみました♪

白い裸婦といえば、ずっと昔、小学校の図工の時間に校庭でスケッチをしました。鉛筆でざっと下描きして水彩絵の具で塗る、あの水彩スケッチです。中庭をスケッチして白い石膏像(?)を描いたときに、何かの本で見た藤田さんの白い女性像を思い出して、真似をして黒い輪郭線を描きました。自分では満足していましたが、図工の先生のため息が、はっきり聞こえました。

藤田さんもルノアールさんも、肌の透明感を出すために、薄く溶いた油絵具を乾かしながら薄く薄く塗り重ねたそうです。ペンスケッチに色を塗るときに似ている!と思ったら、藤田さんは、もともと水彩画で使っていた、輪郭線と、絵具を薄く塗り重ねていく手法とを、工夫を重ねて油絵に応用したそうです。

| | コメント (0)

2006.05.11

ポートレートに挑戦♪

ポートレートに挑戦!ポートレートと言っても、下描きなし&グリッドなしだから、練習にならないかもしれないけれど、気分は対面スケッチ(かな?)♪クロッキー帳だから、失敗したときには、ビリッと破いて描き直し。これも快感♪似ているかどうかは微妙(≧д≦)

200601shibazakikoh_1  描いて破って描いて破って3枚目。

丁寧ではないけれど、これ以上手を加えると、どんどん似なくなっていくような気がして、勢いがあるところでやめました。

柴咲コウさん

200601tanakamin_1  強い意志と年輪を感じさせる顔。描きやすい大きさの写真だったので、あっという間に描けました。

似ているかどうかなら、これは似ているような気がする!?   田中泯さん

200601inudohisshin ネット上の写真を、画面を見ながら描きました。

先日テレビで初めて動いているところを見てしまったら、ちょっとイメージが違ったかな。

犬童一心監督

200601nishijimahidetoshiポートレートギャラリーで、みなさんの丁寧に描かれた作品を見て、少し丁寧に描く努力をしてみました。くせのない顔の人だから、まあ似ているようでもあり、他の誰かに似ているようでもあり…。              西島秀俊さん

200601odagirijoe 精一杯丁寧に描いたのに、なんだか似ていない。微妙にずれている感じ。

難しいな…。

オダギリジョーさん

| | コメント (2)

2006.05.03

お花見スケッチ!?

20060402yomiurilandsky_1 教室で、「のマスキング」練習のために、空の入った絵を用意すること、という宿題が出ました。野外スケッチに参加できなかった私は、どうしてもお見の絵が描きたかったので、娘のサッカー仲間と行ったよみうりランドでお弁当用の場所取りをしているときにこっそり紙切れに描いたスケッチを描きなおしました。

描きなおすに当たって、ちょっとサービス(?)して、散るびらを描いてしまいました。急用で教室は欠席したので、自宅で勝手に色塗り。曇りのもやもやっとした感じは筆で描くほうが自然に違いないということにして、遊具との木と花びらとお孫さんたちがお弁当を食べに戻ってくるのを待っているご夫婦の帽子だけをマスキング。

もやもやっとした感じに塗るのは、やってみると、とっても楽しい♪夏のや秋晴れののグラデーションはムラなく塗るのが難しくてちっともうまくいかないのに、堂々とムラ塗りができるんだもん♪なんて、これで空を塗る練習になったのでしょうか…?

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »