« 写真とスケッチのコラボ | トップページ | プロは動じない »

2006.03.03

写真から描く

20060201photocar0ひな祭りだというのに、我が家には私のスケッチ専属モデルの娘もいるというのに、タイムリーなスケッチがない。ちらし寿司を作ったけれど、描かずに食べた(^^;)

2月1日のスケッチクラスは、題して「雑誌からスケッチ」。寒いからどこにもスケッチに行けない!とお嘆きのあなた!いざ春が来ても、あ、手が動かない!そこで、おうちでできる楽しい(?)トレーニングが「雑誌からスケッチ」。

ごろのスケッチは、3次元のものを2次元に移し変えている。それってすごく高度な作業だもの、だから難しいのは当然よ、と自分をなぐさめている。じゃあ、写真を見て描くのは楽かというと、私にとっては楽じゃない。一番足を引っ張るのは、すでに2次元化されているものを描き写すのだから、上手に描きたい、と構えてしまう自分の気持ち。

に難しいのは、頭の中で3次元に復元できないものは、どうしても線が見つけられないということ。とにかく写真として見えている輪郭をただなぞって描いてみる。でもそれは、自分のみつけた線ではないから、何を描いているのかよくわからず、ただの線になってしまう。

魔化しのきかないプロポーションのものを練習しようと思い、自動車の写真を見て、青⇒黄⇒緑⇒赤、の順に描いた。青が一番描きたいから最初に描いたけれど、一番むずかしい形と角度だった。下の方のパーツからこわごわ描き足していったら、手前と向こうの大きさと位置にずれができて、車の形がねじれてしまった。(実は、あまりにもねじれたので、手前のフレームの上部をポスカの白で少し削っています。焼け石に水だけど)

|

« 写真とスケッチのコラボ | トップページ | プロは動じない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真とスケッチのコラボ | トップページ | プロは動じない »